FC2ブログ

永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

P1030435.jpg
カナダ・バンクーバーのパンパシフィックホテルで開催された国際形成外科学会。
IPRAS vancouver 2011正確に訳すと「国際形成美容外科学会、バンクーバー 2011」
と書かれライトアップされている。
その前で記念の写真。
世界各国から形成外科医がおよそ2000名集まった最大規模の国際学会となった。

5月24日は私の出番が多く超多忙な日となった。

まず朝10時半から10時45分までの15分間の
「耳の再建手術」に関するキーノート プレゼンテーションを行った。

更に、11時45分から11時50分までの5分間の「耳の再建に関する系統的なアプローチ法」
を発表した。

そして更に、夕方16時から18時までの2時間にわたるマスタークラスのワークショップで
「肋軟骨と似た材料を用いた永田法の3次元肋軟骨フレームの作り方の実習」を
私の海外の教え子達4名とともに行った。

以下がその実習風景。

P1030424.jpg
中心の机で、肋軟骨に似た材料を用いた「永田法の3次元肋軟骨フレーム」の作成の仕方を
私が実演しているところ。
P1030426.jpg
小耳症治療を行っている世界の形成外科の医師たちが集まっているので
熱気がむんむんといったところだった。
実習生徒達の進行状況をチェックしている私。
P1030427.jpg
その実習風景。
P1030428.jpg
私だけでは回りきれない人数なので、後ろのほうでは
私の海外の教え子達が実習生のチェックを行っている。
P1030429.jpg
熱心に耳の形を作成している実習生達。
P1030430.jpg
大盛況な実習となった。
P1030431.jpg
実習生達が作成した耳型の3次元フレームを添削修正して削りなおして指導している私。
P1030432.jpg
それを見学しているほかの実習生。
P1030434.jpg
それを更に見学しに来ている別の実習生。


そして更に次の日25日の午前7時から8時まで
私は「小耳症手術」のマスターコースの講演を行った。

今回の国際形成外科学会では、4回も出番があり多忙だったが

自分が開発した永田法の小耳症手術が国際形成外科学会で
このようにして世界中に広まっていくのは非常にやりがいのある仕事でもある。
P1030407.jpg
左はパンパシフィックホテル。右は港。
P1030409.jpg
パンパシフィックホテルの上にヨットのようなデザインの帆が。
P1030422.jpg
また昨日とは別の観光船が入港していた。
P1030423.jpg
ホテルの部屋から見たバンクーバーの港
P1030404.jpg
5月23日早朝6時、時差ぼけで早く起きてしまったのでホテルの外へ出た。
観光船が港へ入ってきた。
P1030405.jpg
次第に近寄る観光船。
P1030410.jpg
向きを変えて近づいてくる。
P1030411.jpg
停泊した観光さんを部屋から見てみる。
いつかこのような観光船でのんびり世界を回ってみたいものだ。
P1030449.jpg
バンクーバーは、5月も終わりというのに寒い日だった。
P1030441.jpg
海に小さく白く見えるのが水上飛行機。
P1030440.jpg
水上飛行機が飛び立ったところ。
P1030436.jpg
水上飛行機の発着所。
P1030437.jpg
更に港の奥には豪華なボートが多く停泊している。
P1030445.jpg
バンクーバーの町でイップク。
P1030400.jpg
5月22日バンクーバー到着、国際形成外科学会が開催されるパンパシフィックホテルの前に到着。
P1030399.jpg
白い愛嬌のある海鳥が周りを歩いていた。
P1030401.jpg
ようやくホテルの部屋に到着した。
部屋から眺める風景。
屋根に植物を育てている。
港の奥はヨットハーバーや、水上飛行機の発着場所となっている。
P1030403.jpg
左側にはバンクーバーのビル群が立っている。
P1030402.jpg
部屋の下に、停泊しているのは、観光船。
毎日新たな観光船が乗り入れている。

ホテルの部屋に到着出来てほっと一息ついたところ。
今日は○先生の外来日。
朝から数名の患者さんを診察し、
その後局所麻酔の手術が1件あり、無事終了した。

午後は○先生の回診。
私と○先生のネットかぶせも、今日になって、やっと息があってきて?
なんとかもたつかずにできるようになってきた。

回診の途中で、
「事務長とぼくは似ているでしょう」と言う話になり、
わたしは、
「そんなことありません。みんなが聞いてびっくりしてる。」
といい、
患者のTさんは私たちの話を聞きながらくすくす笑っておられる。

そもそも誕生日が近くて、血液型が同じというだけじゃないですか。
性別と年齢の違いは大きい。

ふと感じるものがあり、きょうのナースのRさんに、
「誕生日はいつ?」と聞くと、
なんと
「5月です」と。
だんな様も5月生まれで、結婚したのも5月。

なんと5月は大イベント月だそうだ。

うちの長男も5月生まれで、
中学からの親友と、看護学校からの親友も5月生まれで、
ここに来る前パートで仲のよかったおばさん達が、3人、
やはり3人とも5月うまれ。

結局「5月生まれは天才が多い」・・・根拠はさだかでないが、
と言う結論になった。

○先生は今度の誕生日で、
今月からついに介護保険を払わなくてはならなくなり、
まさに私たちに一歩近づいた。
先生の介護保険料が、
もしかしたらどこかのおばあちゃんを、
手助けしているかもしれない。

院長も後1時間ほどで、クリニックに到着し、
5月もそろそろ終わりを迎える。

誕生日もあっという間に過ぎてしまい・・・

40歳の未知の領域に突っ込んでしまった。

そういえば・・・

5月の31日は事務長の誕生日だ。

事務長はいったい何歳になるのかしら?

おそらく還暦かしら!?


今日も無事園長回診は終了し、

一週間の任務完了!

今日は事務長と、

Iさんと3人で回診!

どういうわけか息ピッタリ!

ん!?

何故かしら???

回診中は僕の誕生日と事務長の誕生日は近く、

2人とも5月生まれ!

事務長は完全に否定しているけど、

やっぱりどう転んでも、似たもの同士で息もあう(笑)

・・・と、、、

事務長が突然・・・

「Iさんもしかして5月誕生じゃない?」

「えっ!?実は・・・

   そう!5月なんです(笑)」



う・・・

す、少し悪寒が。。。


ちなみにIさん・・・旦那様も5月生まれ、

更に・・・結婚記念日も5月・・・

お、おそるべき5月パワー。



まあ兎にも角にも・・・任務完了だ!