FC2ブログ

永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

3月11日、東日本大震災およびその後の大津波により日本は大打撃を受けた。


震災後の復興に向け廃墟の中から立ち上がろうとしている、が、

その復興を厄介にしているのは福島原発事故だ。


放射能汚染は目に見えないために、どこまでが安全なのかが不明だ。

安全の尺度が不明だからこそ不安が増している。


原発事故そのものの国による発表自体が次々に内容が変わり

信じられなくなったので、さらに不安が増し続けている。


チェルノブリ事故が起きてから、現在まで二十数年が経過するが

その周辺数十キロは、今でも人が住めない地域となったままだ。

ロシアは広大な土地が存在する国家であるのに対して

日本はあまりにも狭い国土に人がひしめいて住んでいる。


ロシアと日本の人口数はほとんど変わらない。

土地が余るほど存在するロシアではいくらでも代替地を用意できるが

狭い日本では不可能に近い。


現状では日本に新たな大地震が起こる確率が非常に高まっている。

つまり、同様な原発事故が再び起きる確率が増している。


このまま同様なことが起きれば、日本人はどこに住めばよいのだろうか?

くしくも本日は私の生まれ育った長崎の原爆記念日だ。



P1030683.jpg
耳垂残存型小耳症の術前。
P1030684.jpg
手術デザイン。
P1030685.jpg
肋軟骨4本を採取して6個のパーツを作成し、
それらをワイヤーで組み合わせて作成した永田法の3次元肋軟骨フレーム。
P1030686.jpg
永田法の皮弁形成および皮下ポケットの作成。
P1030687.jpg
3次元肋軟骨フレームを皮下ポケットに移植した。

その1

このブログの写真は小耳症治療をご理解いただくために、参考資料として掲載させていただいています。
それぞれの症状によって、手術結果は異なりますのでご了承ください。

小耳症手術による合併症
一過性の顔面神経麻痺 浅側頭動・静脈の血行不良による植皮の生着不良 感染、移植軟骨の露出 気胸 術後肺炎
縫合不全 ハゲ 床ずれ その他
上記のような合併症が生じた場合は、症状に応じて対処致します。場合によっては再手術を行う可能性もあります。


その2

このブログの写真は耳介形成術をご理解いただくために、参考資料として掲載させていただいています。
それぞれの症状によって、手術結果は異なりますのでご了承ください。

耳介形成術による合併症
 感染、 縫合不全 その他
上記のような合併症が生じた場合は、症状に応じて対処致します。場合によっては再手術を行う可能性もあります。