FC2ブログ

永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

師走に入ってただでさえあわただしい中に、○先生が医局に飛び込んできた。

「事務長、軟膏が欲しい」という。

「どうしたんですか?」

「虫に刺された」と。

だされた背中を見て「あらあ、これは虫刺されだわ」というと、
「そうでしょう!」と、嬉しそうだ。

「ここも!」と言うので見てみたら、お腹の辺りも湿疹がブチブチ。
見てるとこちらもかゆくなりそう。

「せんせ!これはヘルペスでは?」

「ヘルペス?」

「腹帯、帯状疱疹!」

○先生、すぐ、院長に御報告。

「○ちゃ~~ん。帯状疱疹は、自分はかかったことないが、患者さんは何人も見ているからね~~」と。

「え?院長、帯状疱疹、自分でやってますよ。」と、私。

「自分はかかったことないと言ってましたよ」と、○先生。

「うそです」

ストレスが強かったり、体の抵抗力が低下すると、でてくるものらしい。

「○先生、そんな顔してても、実はストレスあるんだねえ、かわいそうに・・・」と言うと、
「そうなんです。僕はデリケートなんです」と、超うれしそう。

その日は手術が遅くなり、雨が降っていたので師長さんとタクシーで帰った。

「じつは私の父も、鳥取地震のあとストレスで、帯状疱疹やったんですよ。
院長も○先生も、みんな男だ。男のほうがデリケートなのね。
やっぱり、女のほうが、強いわね。」と盛り上がっていたら、

話を聞いていたタクシーの男の運転手さん、
「私も帯状疱疹やりました」と。

「え、ストレスで?」と聞くと、
「はい」と。

やっぱりなあ・・・



本日は午前中、小耳症で入院中の患者さん達の包帯交換を行った。

月曜日は抜糸の日に当たる患者さんが多いので時間を要した。

また、小耳症で明日 肋軟骨移植術予定の患者さんが入院となった。


午後からは小耳症外来の時間帯となった。

来週手術予定の小耳症患者さん達の全身麻酔用の術前検査を行った。

その後、数名の小耳症の患者さん達の診察を行った。


今年は香港型インフルエンザに加えてマイコプラズマ肺炎が流行している。

入院手術を控えた小耳症の患者さんはくれぐれもこれらにかからないよう、

外出後の手洗いとウガイを行ってください。