FC2ブログ

永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

院長が不在の永田小耳症形成外科クリニック。

昨日の土曜日は、園長の○先生が
「代理永田小耳症形成外科クリニック院長」だ。

外来は事前のお知らせが徹底していたためか、ほとんど人影もなく、
ただ一組だけが、院長不在を知らないで診察に来られたが、
○先生のおかげで、無事診察も終わり、1件落着。

退院診察や、局麻手術も滞りなく終わって、
午後は「代理院長廻診」

なにせサービス精神旺盛な大阪人の○先生。
反応があるまでジョーク?を繰り返すので、
廻診中はカーテンの向こうからもくすくす笑いが聞こえてくる。

「永田先生は吸血鬼が好きなんよ!今度聞いてみて!」と繰り返し、
私は「そんなこと聞かなくていいですよ」と繰り返す。

以前は気の合わなかったネットをかぶせるのも、
やっと息があってきた。

夜は麻酔の先生たちにお願いをして、泊りに来ていただいている。


そういえば去年の今日は○先生と一緒だった。
ちょうど処置室で患者さんの消毒の真っ最中。
手術室では手術の真っ最中。

あの直後は、あんな大災害になるとは思いもせず、
「ここで○先生と死ぬわけには、いかんなあ」と思ったけれど、
何とかクリニックはここまでこれた。

ありがたいことだなあと、今になって思う。