FC2ブログ

永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

今年の5月に還暦を迎えてからは、
なんだか
ほんまもんのおばばになってきたようだ。

先日は何年振りかで医局の整理整頓を始めたら、
腰をやられてしまった。
翌日は腰が痛くて歩くのもつらい。

でも腰痛が翌日出るのは、
まだ若い証拠かもと、負け惜しみを呟きながら、
いたたいたたと日曜日、月曜日を過ごし、
何とか回復にこぎつけた。

最近、
あ、年を取ったなあ、と、
自分で自分を思う時。

本のページをめくる時、めったやたらと指をなめる。

この真夏に、
暑いお茶がほしくなる。

かわいい服を着るのに、気おくれがする。

人様の子供が、めったやたらとかわいい時がある。

何時でも年相応を考えるようになってきたのは、
いいことか?

わるいことか?

しかし、クリニックへやってきて、
怒ったり叫んだりしている限りは、
まだまだ何とかやっていけるんだろうなあ。
7月も中旬となった。

7月16日、月曜日だが、本日は「海の日」のため連休となっている。

連休中の本日も、永田小耳症形成外科クリニックでは

小耳症で入院していた患者さんが診察後無事退院となった。

また、明日の小耳症手術予定の患者さんが入院となった。


通常の病院では、お休みの場合は、受付事務も休むのため

退院は翌日へ延ばし、

入院は休みの前の日から入院させられるので、余分な入院日数が増えるのだが、

永田小耳症形成外科クリニックでは、

このような無駄な入院をなくす目的で、お休みの日であっても

院長自身が受付の代役をこなして、退院を行い、さらに、

翌日手術予定の患者さんも入院できるようになっている。


また、午前中に小耳症で入院中の患者さん達の包帯交換を行った。

月曜日は抜糸の時期にあたる患者さんが多いので

2時間ほど要した。

12時過ぎてお休み中の本日の仕事が終了した。