FC2ブログ

永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

最近、月曜日はお休みすることが多いのだが、
今日は連休の前とあって外来の混雑が予想されたため、
久しぶりに月曜日勤務。

いつもは3人の術前検査の患者さんたちが、
今日はなんとまあ、8人の予定なので、

猫より事務長の手のほうがましだろうというわけだ。

12時前から椅子を並べたり新しいスリッパを並べたり。

またそういう時に限って、インドからの再診の患者さんが、
予告もなしに現れる。

予告なしだから、私の頭の中には英語のかけらも入っていない。

元気ですか?
と聞かれたような気がしたので、

ファイン!ファイン!と答えたが、
後が続かない。
脳みそが、日本語でいっぱいに詰まっている。
いくら絞り出そうとしても、なあんにも出てこない。

今年は例年以上に外国からの患者さんが多いので、
私はふと不安になり、
ときどき、
英語やらねば、と思うのだ。
先週の土曜日も本屋で見つけた。
英語対訳で読むイソップ寓話。

買って帰って夜、水割りちびちびやりながら読み始めたが、
1ページ目は「はじめに」だからまあいいかとすっ飛ばし、
本文は5行目でつまずいて、
そのうち頭がしびれて寝てしまった。

気持ちよく眠れた。

今、反省してる。
本買っただけで、満足してはいけない。

ナースさんたちにも、
今年の目標は、みんなで講習に出よう。
うちは単科のクリニックなので、視野が狭くなるといけないから、
外へ行って勉強しておいで!

それを聞いた独身のIさん。

私、婚活セミナーに行きます!

おいおい、それはちょっと・・・ね。
本日は小耳症で入院していた患者さんが診察後、無事退院となった。

その後小耳症で入院中の患者さん達の包帯交換を行った。

月曜日はいつものごとく抜糸の時期にあたる患者さんが多いので

包帯交換に時間がかかった。

その間に、明日の小耳症で手術予定の患者さんと両側耳前ろう孔の患者さんが入院となった。

外来に降りると、

インドから来日し当院で小耳症再々建手術を行った患者さんが来院されたので診察を行った。


午後からは、小耳症外来の時間帯となった。

小耳症で再診の患者さん達数名の診察後

今後3週間の小耳症の患者さん達8名の全身麻酔用術前検査を行った。

8名もの検査なので、外来が込み合った。

さらに小耳症の再診患者さんの診察を行った。