FC2ブログ

永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

先日、同窓会をしてきました。

市川のパート時代のおばちゃんたちで、全員が5月生まれの子持ちの60歳前後、4人。

ということは、世の中に、怖いものはない。

私以外はもう何度か来ているので、ナビゲータよろしく、あっちこっちへ連れまわされた。

食事をして、お金のかからない休憩所に居座り、延々としゃべり続け。

エアコンは効いているし、眺めはいいし。

あきたらお店を一軒づつ冷かして歩く。

あれは良い、これは悪い。

あーだ、こーだ、あらあら、まあまあ・・・。

試食品は食べる、食べる。

塩のお店では、なめる、なめる、手のひらもなめる。

冷たい水を飲む。

おいしいわあ。

ここはね、お魚がいいのよ。

え、さかな?

それに安いのよ。この間買って帰ったの。

え、この暑いのに?

保冷バック、持ってきたから。

えー、ソラマチで保冷バック?さかな?

ー魚売り場でー

ほんとだ、安いわ。

ねえこれで400円?安いわこの辛子明太子。

ちりめんじゃこ、こんなにあって、この値段。

結局、みな晩のおかずをぶら下げて、ソラマチから市川へ、意気揚々と帰ったのでした。

市川のおばちゃん、4人組でした。




参院選が行われ各政党が、それぞれが熱弁をふるっている。

一方で人口減少期を迎えた日本。


税収が増加していた時代とは異なる時代となった。

なのに日本国全体の支出は減少するどころか増加してきた。

経済的に収支が成り立たなくなっている。

毎年国の借金が膨大に積み上げられている。

借金だらけの国家予算は本当にいつまで持続可能なのだろう?

危機的状況が言われ始めてから10年以上経過している。


未だ解決策は見出されていない。

3%や5%の僅かな消費税アップ程度で解決はできない問題だ。