FC2ブログ

永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

Nagata Microtia and Reconstructive Plastic Surgery Clinic
Satoru Nagata, M.D., PhD.  23/April/2019
1st-stage opearation for clinical anotia complicated with low hairline

永田小耳症形成外科クリニック・永田 悟・2019年4月23日
ローヘアーラインを伴う臨床的無耳症の肋軟骨移植術


P1160643.jpg
Preoperative appearance
  of microtia [clinical anotia].
Indentation deformity of cheek area.

小耳症「臨床的無耳症」の術前。
頬部に陥凹変形あり。

P1160645.jpg
Determine the proper anatomical location
  with transparent film template.

透明フイルムに印刷した本人サイズの設計図を用いて
  耳介の正常な場所と大きさを決定する。

P1160646.jpg
The outline for the 1st-stage operation.
Clinical anotia complicated with 30% low hairline.

肋軟骨移植術の手術デザイン。
この時点で、30%ローヘアーラインを伴う
 臨床的無耳症であることが、はっきりする。

P1160647.jpg
Indicate the normal anatomical location of the auricle.
Lobule is too far to use as normal lobule position.

耳介の正常な場所を示す。
耳垂は、正常な場所と比べると、遠すぎて届かないので切除する。

P1160648.jpg
Fabricated 3-dimensional costal cartilage frame
   [3-D frame] and paper template.

作成した3次元肋軟骨フレームと紙型。

P1160650.jpg
The temporoperietal fascia flap
   [TPF] is elevated.
Ultra-delicate split thickness scalp skin
   [UDSTS] is harvested.
Hair follicle [low hair line] portion is removed.

TPFを挙上した。
頭皮分層皮膚を採取した。
頭髪の耳が存在すべきローヘアーライン部分の毛根部を切除した。

P1160652.jpg
Costal cartilage block grafted
  for cheek indentation repair.

頬部陥凹変形の部分には、
  肋軟骨ブロックを移植して修正する。

P1160656.jpg
Lobule, remnant cartilage
  and fistula are excised.

耳垂および遺残耳介軟骨
さらに「ろう孔」も含めて摘出切除した。

P1160658.jpg
3-dimensional costal cartilage frame
  [3-D frame] and costal cartilage block.

3次元肋軟骨フレームと移植する肋軟骨ブロック。

P1160659.jpg
3-D frame and costal cartilage block
  are grafted and covered with TPF.
Ultra-delicate split thickness scalp skin
  [UDSTS] is grafted on TPF.
Reconstructed non hair-bearing auricle.

一体型の肋軟骨ブロックと3次元肋軟骨フレームを
移植し、TPFで被覆し、TPFの上に頭皮分層皮膚を移植した。
髪の毛が生えない耳介が再建された。

P1160660.jpg
At the end of the 1st-stage operation
  with Bolster fixation sutures.

ボルスター縫合固定を行って手術終了。


このブログの写真は小耳症治療をご理解いただくために、参考資料として掲載させていただいています。それぞれの症状によって、手術結果は異なりますのでご了承ください。

小耳症手術による合併症
一過性の顔面神経麻痺 浅側頭動・静脈の血行不良による植皮の生着不良 感染 移植軟骨の露出 気胸 術後肺炎 縫合不全 ハゲ 床ずれ その他

上記のような合併症が生じた場合は、症状に応じて対処致します。場合によっては再手術を行う可能性もあります。