FC2ブログ

永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

Nagata Microtia and Reconstructive Plastic Surgery Clinic
Satoru Nagata, M.D., Ph.D.  30/March/2021
2nd-stage operation for atypical concha type microtia

永田小耳症形成外科クリニック・永田 悟・2021年3月30日
非定形耳甲介型小耳症の耳立て手術

DSC00724_convert_20210330175343.jpg
6 months after the 1st-stage operation
   for atypical concha type microtia
      and reconstructed auricle.

半年前に非定形耳甲介型小耳症に対して
 肋軟骨移植術を行って再建した耳介。

DSC00725_convert_20210330175441.jpg
The outline for the 2nd-stage operation.

耳立て手術のデザイン。

DSC00726_convert_20210330175518.jpg
The temporoparietal fascia flap
  [TPF] is elevated.
Costal cartilage block
  for ear projection is fabricated.
Ultra-delicate split thickness scalp skin
  [UDSTS] is harvested.

TPFを挙上した。
耳を立てるための肋軟骨ブロックを作成した。
頭皮分層皮膚を採取した。

DSC00728_convert_20210330175620.jpg
The total suture line.

縫合線の全体像。

DSC00730_convert_20210330175716.jpg
The reconstructed auricle is projected.

再建した耳介が立っている。

DSC00731_convert_20210330175742.jpg
The reconstructed auricle is projected.

再建した耳介が立っている。


このブログの写真は小耳症治療をご理解いただくために、参考資料として掲載させていただいています。それぞれの症状によって、手術結果は異なりますのでご了承ください。

小耳症手術による合併症
一過性の顔面神経麻痺 浅側頭動・静脈の血行不良による植皮の生着不良 感染 移植軟骨の露出 気胸 術後肺炎 縫合不全 ハゲ 床ずれ その他

上記のような合併症が生じた場合は、症状に応じて対処致します。場合によっては再手術を行う可能性もあります。


Nagata Microtia and Reconstructive Plastic Surgery Clinic
Satoru Nagata, M.D., Ph.D.  18/March/2021
2nd-stage operation for microtia complicated with low hairline

永田小耳症形成外科クリニック・永田 悟・2021年3月18日
ローヘアーラインを伴う小耳症の耳立て手術


DSC00712_convert_20210318193615.jpg
6 months after the 1st-stage operation
  for microtia complicated with low hairline.

ローヘアーラインを伴う小耳症に対し
 半年前に肋軟骨移植術を行って再建した耳介。

DSC00713_convert_20210318193743.jpg
The outline for the 2nd-stage operation.

耳立て手術のデザイン。

DSC00715_convert_20210318193901.jpg
Deep temporal fascia
   [DTF] is elevated.
Ultra-delicate split thickness scalp skin
    [UDSTS] is harvested.
Costal cartilage block
   for ear projection is fabricated.

DTFを挙上した。
頭皮分層皮膚を採取した。
耳を立てるための肋軟骨ブロックを作成した。

DSC00716_convert_20210318193937.jpg
The total suture line.
Tragus repaired.

縫合線の全体像。
耳珠の修正を行った。

DSC00717_convert_20210318194007.jpg
The reconstructed auricle is projected.

再建された耳介が立っている。

DSC00718_convert_20210318194040.jpg
The reconstructed auricle is projected.

再建された耳介が立っている。


このブログの写真は小耳症治療をご理解いただくために、参考資料として掲載させていただいています。それぞれの症状によって、手術結果は異なりますのでご了承ください。

小耳症手術による合併症
一過性の顔面神経麻痺 浅側頭動・静脈の血行不良による植皮の生着不良 感染 移植軟骨の露出 気胸 術後肺炎 縫合不全 ハゲ 床ずれ その他

上記のような合併症が生じた場合は、症状に応じて対処致します。場合によっては再手術を行う可能性もあります。


Nagata Microtia and Reconstructive Plastic Surgery Clinic
Satoru Nagata, M.D., Ph.D.  16/March/2021
2nd-stage operation for lobule type microtia

永田小耳症形成外科クリニック・永田 悟・2021年3月16日
耳垂残存型小耳症の耳立て手術


DSC00704_convert_20210316172539.jpg
6 months after the 1st-stage operation
  for lobule type microtia and reconstructed auricle.

半年前に耳垂残存型小耳症の
 肋軟骨移植術を行って再建した耳介。

DSC00705_convert_20210316172622.jpg
The outline for the 2nd-stage operation.

耳立て手術のデザイン。

DSC00708_convert_20210316172759.jpg
The temporoparietal fascia flap
   [TPF] is elevated.
Ultra-delicate split thickness scalp skin
  [UDSTS] is harvested.
Costal cartilage block
 for ear projection is fabricated.

TPFを挙上した。
頭皮分層皮膚を採取した。
耳を立てるための肋軟骨ブロックを作成した。

DSC00709_convert_20210316172903.jpg
The total suture line.

縫合線の全体像。

DSC00710_convert_20210316173003.jpg
The reconstructed auricle is projected.

再建した耳介が立っている。

DSC00711_convert_20210316173040.jpg
The reconstructed auricle is projected.

再建した耳介が立っている。


このブログの写真は小耳症治療をご理解いただくために、参考資料として掲載させていただいています。それぞれの症状によって、手術結果は異なりますのでご了承ください。

小耳症手術による合併症
一過性の顔面神経麻痺 浅側頭動・静脈の血行不良による植皮の生着不良 感染 移植軟骨の露出 気胸 術後肺炎 縫合不全 ハゲ 床ずれ その他

上記のような合併症が生じた場合は、症状に応じて対処致します。場合によっては再手術を行う可能性もあります。


Nagata Microtia and Reconstructive Plastic Surgery Clinic
Satoru Nagata, M.D., Ph.D.  12/March/2021
Ear projection operation for secondary reconstructed auricle / microtia

永田小耳症形成外科クリニック・永田 悟・2021年3月12日
再々建した小耳症耳介の耳立て手術


DSC00696_convert_20210312180628.jpg
6 months after the secondary reconstruction
  for microtia and reconstructed auricle.

小耳症に対して再々建手術を行って
  半年後の再々建耳。

DSC00698_convert_20210312180746.jpg
The outline for the 2nd-stage operation.

耳立て手術のデザイン。

DSC00700_convert_20210312180847.jpg
Deep temporal fascia
  [DTF] is elevated.
Ultra-delicate split thickness scalp skin
   [UDSTS] is harvested.
Costal cartilage block
  for ear projection is fabricated.

DTFを挙上した。
頭皮分層皮膚を採取した。
耳を立てるための肋軟骨ブロックを作成した。

DSC00701_convert_20210312180918.jpg
The total suture line.

縫合線の全体像。

DSC00702_convert_20210312180952.jpg
The reconstructed auricle is projected.

再建した耳介が立っている。

DSC00703_convert_20210312181024.jpg
The reconstructed auricle is projected.

再建した耳介が立っている。


このブログの写真は小耳症治療をご理解いただくために、参考資料として掲載させていただいています。それぞれの症状によって、手術結果は異なりますのでご了承ください。

小耳症手術による合併症
一過性の顔面神経麻痺 浅側頭動・静脈の血行不良による植皮の生着不良 感染 移植軟骨の露出 気胸 術後肺炎 縫合不全 ハゲ 床ずれ その他

上記のような合併症が生じた場合は、症状に応じて対処致します。場合によっては再手術を行う可能性もあります。


Nagata Microtia and Reconstructive Plastic Surgery Clinic
Satoru Nagata, M.D., Ph.D.  11/March/2021
2nd-stage operation for lobule type microtia

永田小耳症形成外科クリニック・永田 悟・2021年3月11日
耳垂残存型小耳症の耳立て手術


DSC00689_convert_20210311190624.jpg
6 months after the 1st-stage operation
  for lobule type microtia and reconstructed auricle.

半年前に耳垂残存型小耳症の
  肋軟骨移植術を行って再建した耳介。

DSC00691_convert_20210311190812.jpg
The outline for the 2nd-stage operation.

耳立て手術の手術デザイン。

DSC00692_convert_20210311190843.jpg
The temporoparietal fascia flap
   [TPF] is elevated.
Ultra-delicate split thickness scalp skin
   [UDSTS] is harvested.
Costal cartilage block
  for ear projection is fabricated.

TPFを挙上した。
頭皮分層皮膚を採取した。
耳を立てるための肋軟骨ブロックを作成した。

DSC00693_convert_20210311190922.jpg
The total suture line.

縫合線の全体像。

DSC00694_convert_20210311191021.jpg
The reconstructed auricle is projected.

再建された耳介が立っている。

DSC00695_convert_20210311191055.jpg
The reconstructed auricle is projected.

再建された耳介が立っている。


このブログの写真は小耳症治療をご理解いただくために、参考資料として掲載させていただいています。それぞれの症状によって、手術結果は異なりますのでご了承ください。

小耳症手術による合併症
一過性の顔面神経麻痺 浅側頭動・静脈の血行不良による植皮の生着不良 感染 移植軟骨の露出 気胸 術後肺炎 縫合不全 ハゲ 床ずれ その他

上記のような合併症が生じた場合は、症状に応じて対処致します。場合によっては再手術を行う可能性もあります。


Nagata Microtia and Reconstructive Plastic Surgery Clinic
Satoru Nagata, M.D., Ph.D.  9/March/2021
2nd-stage operation for microtia complicated with low hairline

永田小耳症形成外科クリニック・永田 悟・2021年3月9日
ローヘアラインを伴う小耳症の耳立て手術


DSC00683_convert_20210309173740.jpg
6 months after the 1st-stage operation
  for microtia complicated with low hairline.

半年前にローヘアーラインを伴う小耳症に
 肋軟骨移植術を行って再建した耳介。

DSC00684_convert_20210309173814.jpg
The outline for the 2nd-stage operation.
 
耳立て手術の手術デザイン。

DSC00685_convert_20210309173847.jpg
Deep temporal fascia
  [DTF] is elevated.
Ultra-delicate split thickness scalp skin
  [UDSTS] is harvested.
Costal cartilage block
  for ear projection is fabricated.

DTFを挙上した。
頭皮分層皮膚を採取した。
耳を立てるための肋軟骨ブロックを作成した。

DSC00687_convert_20210309173944.jpg
The total suture line.

縫合線の全体像。

DSC00686_convert_20210309173915.jpg
The reconstructed auricle is projected.

再建した耳介が立っている。

DSC00688_convert_20210309174012.jpg
The reconstructed auricle is projected.

再建した耳介が立っている。


このブログの写真は小耳症治療をご理解いただくために、参考資料として掲載させていただいています。それぞれの症状によって、手術結果は異なりますのでご了承ください。

小耳症手術による合併症
一過性の顔面神経麻痺 浅側頭動・静脈の血行不良による植皮の生着不良 感染 移植軟骨の露出 気胸 術後肺炎 縫合不全 ハゲ 床ずれ その他

上記のような合併症が生じた場合は、症状に応じて対処致します。場合によっては再手術を行う可能性もあります。


Nagata Microtia and Reconstructive Plastic Surgery Clinic
Satoru Nagata, M.D., Ph.D.  4/March/2021
Ear projection operation for microtia complicated with low hairline

永田小耳症形成外科クリニック・永田 悟・2021年3月4日
ローヘアーラインを伴う小耳症でトリーチャーコリンズ症候群の耳立て手術


DSC00674_convert_20210304192750.jpg
6 months after the 1st-stage operation
   for lobue type microtia complicated with low hairline
      and Treacher Collins syndrome.

半年前にローヘアーラインを伴うトリーチャーコリンズ症候群の
 耳垂残存型小耳症に肋軟骨移植術を行って再建した耳介。

DSC00676_convert_20210304193006.jpg
The outline for the 2nd-stage operation.

耳立て手術のデザイン。

DSC00678_convert_20210304193117.jpg
Deep temporal fascia
   [DTF] is elevated.
Ultra-delicate split thickness scalp skin
   [UDSTS] is havested.
Costal cartilage block
  for ear projection is fabricated.
Tragus portion is reconstructed.

DTFを挙上した。
頭皮分層皮膚を採取した。
耳を立てるための肋軟骨ブロックを作成した。
耳珠を修正した。

DSC00679_convert_20210304193200.jpg
The reconstructed auricle is projected.

再建した耳介が立っている。

DSC00681_convert_20210304193310.jpg
The total suture line.

縫合線の全体像。

DSC00682_convert_20210304193343.jpg
The reconsructed auricle is projected.

再建した耳介が立っている。


このブログの写真は小耳症治療をご理解いただくために、参考資料として掲載させていただいています。それぞれの症状によって、手術結果は異なりますのでご了承ください。

小耳症手術による合併症
一過性の顔面神経麻痺 浅側頭動・静脈の血行不良による植皮の生着不良 感染 移植軟骨の露出 気胸 術後肺炎 縫合不全 ハゲ 床ずれ その他

上記のような合併症が生じた場合は、症状に応じて対処致します。場合によっては再手術を行う可能性もあります。