FC2ブログ

永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

Nagata Microtia and Reconstructive Plastic Surgery Clinic
Satoru Nagata, M.D., Ph.D.  30/April/2021
1st-stage operation for concha type microtia

永田小耳症形成外科クリニック・永田 悟・2021年4月30日
耳甲介型小耳症の肋軟骨移植術


DSC00840_convert_20210430163741.jpg
Preoperative appearance
  of concha type microtia.

耳甲介型小耳症の術前。

DSC00842_convert_20210430163850.jpg
Determine the proper anatomical location
  with transparent film template.

透明フイルムに印刷した本人サイズの設計図を用いて
  耳介の正常な場所と大きさを決定する。

DSC00843_convert_20210430163916.jpg
The outline for the 1st-stage operation.

肋軟骨移植術の手術デザイン。

DSC00845_convert_20210430164014.jpg
Fabricated 3-dimensional costal cartilage frame
  [3-D frame] and paper template.

作成した3次元肋軟骨フレームと紙型。

DSC00848_convert_20210430164147.jpg
Skin flaps formed,
  anterior skin flap of the lobule,
  posterior skin flap of the lobule,
  mastoid skin flap.
Skin pocket created.
Almost remnant ear cartilage removed
   without tragus and inter tragic notch.

皮弁形成を行った。
   耳垂前面皮弁、
   耳垂後面皮弁、
   乳突洞部皮弁、
皮下ポケットを作成した。
耳珠、珠間切痕を除く大部分の遺残耳介軟骨を摘出した。

DSC00850_convert_20210430164246.jpg
3-D frame is grafted
   under the skin pocket
    and reconstructed auricle.

3次元肋軟骨フレームを皮下ポケットへ移植して再建した耳介。

DSC00853_convert_20210430164425.jpg
At the end of the 1st-stage operation
  with Bolster fixation sutures.

ボルスター縫合固定を行って手術終了。


このブログの写真は小耳症治療をご理解いただくために、参考資料として掲載させていただいています。それぞれの症状によって、手術結果は異なりますのでご了承ください。

小耳症手術による合併症
一過性の顔面神経麻痺 浅側頭動・静脈の血行不良による植皮の生着不良 感染 移植軟骨の露出 気胸 術後肺炎 縫合不全 ハゲ 床ずれ その他

上記のような合併症が生じた場合は、症状に応じて対処致します。場合によっては再手術を行う可能性もあります。



Nagata Microtia and Reconstructive Plastic Surgery Clinic
Satoru Nagata, M.D., Ph.D.  27/April/2021
2nd-stage operation for lobule type microtia

永田小耳症形成外科クリニック・永田 悟・2021年4月27日
耳垂残存型小耳症の耳立て手術


DSC00832_convert_20210427183430.jpg
6 months after the 1st-stage operation
  for lobule type microtia
    and reconstructed auricle.

半年前に耳垂残存型小耳症に対して
 肋軟骨移植術を行って再建した耳介。

DSC00833_convert_20210427183458.jpg
The outline for the 2nd-stage operation.

耳立て手術の手術デザイン。

DSC00835_convert_20210427183554.jpg
The temporoparietal fascia flap
  [TPF] is elevated.
Ultra-delicate split thickness scalp skin
  [UDSTS] is harvested.
Costal cartilage block
  for ear projection is fabricated.

TPFを挙上した。
頭皮分層皮膚を採取した。
耳を立てるための肋軟骨ブロックを作成した。

DSC00838_convert_20210427183720.jpg
The total suture line.

縫合線の全体像。

DSC00836_convert_20210427183622.jpg
The reconstructed auricle is projected.

再建した耳介が立っている。

DSC00839_convert_20210427183748.jpg
The reconstructed auricle is projected.

再建した耳介が立っている。


このブログの写真は小耳症治療をご理解いただくために、参考資料として掲載させていただいています。それぞれの症状によって、手術結果は異なりますのでご了承ください。

小耳症手術による合併症
一過性の顔面神経麻痺 浅側頭動・静脈の血行不良による植皮の生着不良 感染 移植軟骨の露出 気胸 術後肺炎 縫合不全 ハゲ 床ずれ その他

上記のような合併症が生じた場合は、症状に応じて対処致します。場合によっては再手術を行う可能性もあります。



Nagata Microtia and Reconstructive Plastic Surgery Clinic
Satoru Nagata, M.D., Ph.D.  23/April/2021
2nd-stage operation for lobule type microtia

永田小耳症形成外科クリニック・永田 悟・2021年4月23日
耳垂残存型小耳症の耳立て手術


DSC00823_convert_20210423192208.jpg
6 months after the 1st-stage operation
   for lobule type microtia
     and reconstructed auricle.

半年前に耳垂残存型小耳症に対して
 肋軟骨移植術を行って再建した耳介。

DSC00824_convert_20210423192239.jpg
The outline for the 2nd-stage operation.

耳立て手術の手術デザイン。

DSC00825_convert_20210423192306.jpg
Elevated TPF combined with DTF.
Harvested ultra-delicate split thickness scalp skin [UDSTS].
Fabricated costal cartilage block for ear projection.

TPFをDTFと一塊として挙上した。
頭皮分層皮膚を採取した。
耳を立てるための肋軟骨ブロックを作成した。

DSC00827_convert_20210423192408.jpg
The total suture line.

縫合線の全体像。

DSC00828_convert_20210423192435.jpg
The reconstructed auricle is projected.

再建した耳介が立っている。

DSC00829_convert_20210423192509.jpg
The reconstructed auricle is projected.

再建した耳介が立っている。


このブログの写真は小耳症治療をご理解いただくために、参考資料として掲載させていただいています。それぞれの症状によって、手術結果は異なりますのでご了承ください。

小耳症手術による合併症
一過性の顔面神経麻痺 浅側頭動・静脈の血行不良による植皮の生着不良 感染 移植軟骨の露出 気胸 術後肺炎 縫合不全 ハゲ 床ずれ その他

上記のような合併症が生じた場合は、症状に応じて対処致します。場合によっては再手術を行う可能性もあります。



Nagata Microtia and Reconstructive Plastic Surgery Clinic
Satoru Nagata, M.D., Ph.D.  22/April/2021
1st-stage operation for atypical type microtia

永田小耳症形成外科クリニック・永田 悟・2021年4月22日
非定形型小耳症の肋軟骨移植術


DSC00813_convert_20210422162706.jpg
Preoperative appearance of atypical microtia.

非定形型小耳症の術前。

DSC00815_convert_20210422162803.jpg
Determine the proper anatomical location
  with transparent film template.

透明フイルムに印刷した本人サイズの設計図を用いて
 耳介の正常な場所と大きさを決定する。

DSC00816_convert_20210422162830.jpg
The outline for the 1st-stage operation.

肋軟骨移植術の手術デザイン。

DSC00818_convert_20210422162933.jpg
Fabricated 3-dimensional costal cartilage frame
  [3-D frame] and paper template.

作成した3次元肋軟骨フレームと紙型。

DSC00819_convert_20210422163009.jpg
Skin pocket created.

皮下ポケットを作成した。

DSC00820_convert_20210422163036.jpg
3-D frame is grafted
  under the skin pocket
   and reconstructed auricle.

3次元肋軟骨フレームを皮下ポケットへ
 移植して再建した耳介。

DSC00822_convert_20210422163130.jpg
At the end of the 1st-stage operation
 with Bolster fixation sutures.

ボルスター縫合固定を行って手術終了。


このブログの写真は小耳症治療をご理解いただくために、参考資料として掲載させていただいています。それぞれの症状によって、手術結果は異なりますのでご了承ください。

小耳症手術による合併症
一過性の顔面神経麻痺 浅側頭動・静脈の血行不良による植皮の生着不良 感染 移植軟骨の露出 気胸 術後肺炎 縫合不全 ハゲ 床ずれ その他

上記のような合併症が生じた場合は、症状に応じて対処致します。場合によっては再手術を行う可能性もあります。




Nagata Microtia and Reconstructive Plastic Surgery Clinic
Satoru Nagata, M.D., Ph.D.  20/April/2021
Secondary reconstruction of auricle for concha type microtia

永田小耳症形成外科クリニック・永田 悟・2021年4月20日
耳甲介型小耳症の再々建手術 「作り直し手術」 


DSC00799_convert_20210420162848.jpg
This case was already operated
 for concha type microtia 4 times
  at Univercity Hospital in Kanto area
   but unfavourable result.

この症例は、すでに関東地方の某大学病院で
 4回の手術を受けたものの
   不幸な結果となっている。

DSC00800_convert_20210420162921.jpg
The incision outline for the 1st-stage operation
 [secondary reconstruction].

肋軟骨移植術の切開デザイン「再々建手術」。

DSC00803_convert_20210420163042.jpg
Normal position and length of the auricle indicated.

正常な耳介の大きさと場所を示す。

DSC00804_convert_20210420163115.jpg
Excised grafted costal cartilage frame [left].
Newly fabricated 3-dimensional costal cartilage frame
 [3-D frame] [center].
Paper template [right].

移植されていた肋軟骨フレームを摘出した「左」。
新たに作成した3次元肋軟骨フレーム「中央」。
耳の紙型「右」。

DSC00808_convert_20210420163319.jpg
Skin flaps after excised grafted costal cartilage frame.

移植されていた肋軟骨を摘出した後の皮弁の状態。

DSC00810_convert_20210420163420.jpg
Newly fabricated 3-D frame is grafted
   under the skin pocket
     and newly reconstructed auricle.

新たに作成した3次元肋軟骨フレーム
 を移植しなおして再々建した耳介。

DSC00811_convert_20210420163446.jpg
At the end of the operation
  with Bolster fixation sutures.

ボルスター縫合固定を行って手術終了。


このブログの写真は小耳症治療をご理解いただくために、参考資料として掲載させていただいています。それぞれの症状によって、手術結果は異なりますのでご了承ください。

小耳症手術による合併症
一過性の顔面神経麻痺 浅側頭動・静脈の血行不良による植皮の生着不良 感染 移植軟骨の露出 気胸 術後肺炎 縫合不全 ハゲ 床ずれ その他

上記のような合併症が生じた場合は、症状に応じて対処致します。場合によっては再手術を行う可能性もあります。


Nagata Microtia and Reconstructive Plastic Surgery Clinic
Satoru Nagata, M.D., Ph.D.  13/April/2021
1st-stage operation for lobule type microtia

永田小耳症形成外科クリニック・永田 悟・2021年4月13日
耳垂残存型小耳症の肋軟骨移植術


DSC00780_convert_20210413164625.jpg
Preoperative appearance
   of lobule type microtia.

耳垂残存型小耳症の術前。

DSC00782_convert_20210413164739.jpg
Determine the proper anatomical location
 with transparent film template.

透明フイルムに印刷した本人サイズの設計図を
 用いて耳介の正常な場所と大きさを決定する。

DSC00783_convert_20210413164807.jpg
The outline for the 1st-stage operation.

肋軟骨移植術の手術デザイン。

DSC00784_convert_20210413164839.jpg
Fabricated 3-dimensional costal cartilage frame
   [3-D frame] and paper template.

作成した3次元肋軟骨フレームと紙型。

DSC00787_convert_20210413165011.jpg
Skin flaps formed,
  anterior skin flap of the lobule,
  posterior skin flap,
  mastoid skin flap,
  tragus skin flap.
All remnant ear cartilage removed.
Skin pocket created.

皮弁形成を行った。
  耳垂前面皮弁、
  耳垂後面皮弁、
  乳突洞部皮弁、
  耳珠用皮弁。
すべての遺残耳介軟骨を摘出した。
皮下ポケットを作成した。

DSC00789_convert_20210413165114.jpg
3-D frame is grafted
  under the skin pocket
    and reconstructed auricle.

3次元肋軟骨フレームを
 皮下ポケットへ移植して
  再建した耳介。

DSC00790_convert_20210413165145.jpg
At the end of the 1st-stage operation
 with Bolster fixation sutures.

ボルスター縫合固定を行って手術終了。


このブログの写真は小耳症治療をご理解いただくために、参考資料として掲載させていただいています。それぞれの症状によって、手術結果は異なりますのでご了承ください。

小耳症手術による合併症
一過性の顔面神経麻痺 浅側頭動・静脈の血行不良による植皮の生着不良 感染 移植軟骨の露出 気胸 術後肺炎 縫合不全 ハゲ 床ずれ その他

上記のような合併症が生じた場合は、症状に応じて対処致します。場合によっては再手術を行う可能性もあります。


Nagata Microtia and Reconstructive Plastic Surgry Clinic
Satoru Nagata, M.D., Ph.D.  9/April/2021
2nd-stage operation for lobule type microtia

永田小耳症形成外科クリニック・永田 悟・2021年4月9日
耳垂残存型小耳症の耳立て手術


DSC00771_convert_20210409183728.jpg
6 months after the 1st-stage operation
   for lobule type microtia
     and reconstructed auricle.

半年前に耳垂残存型小耳症の
  肋軟骨移植術を行って
    再建した耳介。

DSC00772_convert_20210409183800.jpg
The outline for the 2nd-stage operation.

耳立て手術のデザイン。

DSC00773_convert_20210409183831.jpg
The temporoparietal fascia flap
   [TPF] is elevated.
Ultra-delicate split thickness scalp skin
    [UDSTS] is harvested.
Costal cartilage block
  for ear projection is fabricated.

TPFを挙上した。
頭皮分層皮膚を採取した。
耳を立てるための肋軟骨ブロックを作成した。

DSC00775_convert_20210409183933.jpg
The total suture line.

縫合線の全体像。

DSC00777_convert_20210409184034.jpg
The reconstructed auricle is projected.

再建した耳介が立っている。

DSC00779_convert_20210409184137.jpg
The reconstructed auricle is projected.

再建した耳介が立っている。


このブログの写真は小耳症治療をご理解いただくために、参考資料として掲載させていただいています。それぞれの症状によって、手術結果は異なりますのでご了承ください。

小耳症手術による合併症
一過性の顔面神経麻痺 浅側頭動・静脈の血行不良による植皮の生着不良 感染 移植軟骨の露出 気胸 術後肺炎 縫合不全 ハゲ 床ずれ その他

上記のような合併症が生じた場合は、症状に応じて対処致します。場合によっては再手術を行う可能性もあります。



Nagata Microtia and Reconstructive Plastic Surgery Clinic
Satoru Nagata, M.D., Ph.D.  8/April/2021
1st-stage operation for small concha type microtia

永田小耳症形成外科クリニック・永田 悟・2021年4月8日
小耳甲介型小耳症の肋軟骨移植術


DSC00761_convert_20210408164007.jpg
Preoperative appearance
  of small concha type microtia.

小耳甲介型小耳症の術前。

DSC00762_convert_20210408164043.jpg
Determine the proper anatomical location
  with transparent film template.

透明フイルムに印刷した本人サイズの設計図を
 用いて耳介の正常な場所と大きさを決定する。

DSC00764_convert_20210408164148.jpg
The outline for the 1st-stage operation.

肋軟骨移植の手術デザイン。

DSC00765_convert_20210408164222.jpg
Fabricated 3-dimensional costal cartilage frame
 [3-D frame] and paper template.

作成した3次元肋軟骨フレームと紙型。

DSC00767_convert_20210408164334.jpg
Skin flaps formed,
  anterior skin flap of the lobule,
  posterior skin flap of the lobule,
  mastoid skin flap,
  tragus skin flap.
All remnant ear cartilage removed.
Skin pocket created.

皮弁形成を行った。
   耳垂前面皮弁、
   耳垂後面皮弁、
   乳突洞部皮弁、
   耳珠用皮弁。
すべての遺残耳介軟骨を摘出した。
皮下ポケットを作成した。

DSC00769_convert_20210408164433.jpg
3-D frame is grafted
   under the skin pocket
     and reconstructed auricle.

3次元肋軟骨フレームを
  皮下ポケットへ移植して
   再建した耳介。

DSC00770_convert_20210408164502.jpg
At the end of the 1st-stage operation
  with Bolster fixation sutures.

ボルスター縫合固定を行って手術終了。


このブログの写真は小耳症治療をご理解いただくために、参考資料として掲載させていただいています。それぞれの症状によって、手術結果は異なりますのでご了承ください。

小耳症手術による合併症
一過性の顔面神経麻痺 浅側頭動・静脈の血行不良による植皮の生着不良 感染 移植軟骨の露出 気胸 術後肺炎 縫合不全 ハゲ 床ずれ その他

上記のような合併症が生じた場合は、症状に応じて対処致します。場合によっては再手術を行う可能性もあります。


コロナ真っただ中のなか、みなさまいかがお過ごしですか。
永田小耳症形成外科クリニックは、コロナの荒波にも負けず、
何とか踏みこたえています。

去る4月3日は、第60回小耳症説明会を行いました。
人数を3家族に限っての説明会です。

なぜ3家族かというと、
外来待合室のソファーが3列あるから・・・。
 (わかりやすいでしょ)
検温、体調確認、手指の消毒など行って、
全員がマスクを着用しての開催です。

院長はしゃべり始めるとだんだん声が大きくなり、
 (もともと地声が大きい)
マスクがずれそうになり、
それでもへこたれることなくしゃべり続け、
説明会が終了後は、来院者さん達が順番に診察室に入って、診察。
また院長はしゃべり続けています。

その後希望される方は、歯科口腔外科の先生によって、
カウンセりングを受け、
お互いに体力比べの半日でした。

ちなみに私の場合は、終わるともう、疲れてヘロヘロ。
年を取ったもんだと知らされます。




Nagata Microtia and Reconstructive Plastic Surgery Clinic
Satoru Nagata, M.D., Ph.D.  6/April/2021
Secondary ear projection operation/ reconstructed auricle for concha type microtia

永田小耳症形成外科クリニック・永田 悟・2021年4月6日
耳甲介型小耳症に対して再建された耳介の立て直しと血行補強手術


DSC00751_convert_20210406173311.jpg
This case was already operated in another hospital.
Preoperative appearance of reconstructed auricle
   for concha type microtia.
Lateral morphological feature of reconstructed auricle is good.
Reconstructed auricle
  is detached but not projected.

耳甲介型小耳症の再建後の耳介。
耳介が分離されたものの立ってはいない。

DSC00753_convert_20210406173422.jpg
Reconstructed auricle is not projected and too thin.
Grafted costal cartilage resorption and wire protrusion occur.
Blood supply strength operation is neccesary for this case.

再建された耳介の側面形態は良好だが、耳介は立っていないし、
 耳介が薄すぎて、移植軟骨の吸収が始まり、ワイヤー露出が起きたので
    血行の増強のための手術が必要となった。

DSC00754_convert_20210406173456.jpg
The total outline.

手術のデザイン。

DSC00755_convert_20210406173529.jpg
The temoroparietal fascia flap
  [TPF] is elevated.
Ultra-delicate split thickness scalp skin
  [UDSTS] is harvested.
Color-unmatched grafted skin
  removed from posterior reconstructed auricle.

TPFを挙上した。
頭皮分層皮膚を採取した。
再建された耳介の後面に移植されていた色調の異なる皮膚を切除した。

DSC00758_convert_20210406173718.jpg
The reconstructed auricle is projected.

再建された耳介が立っている。

DSC00760_convert_20210406173827.jpg
The reconstructed auricle is projected.

再建された耳介が立っている。


このブログの写真は小耳症治療をご理解いただくために、参考資料として掲載させていただいています。それぞれの症状によって、手術結果は異なりますのでご了承ください。

小耳症手術による合併症
一過性の顔面神経麻痺 浅側頭動・静脈の血行不良による植皮の生着不良 感染 移植軟骨の露出 気胸 術後肺炎 縫合不全 ハゲ 床ずれ その他

上記のような合併症が生じた場合は、症状に応じて対処致します。場合によっては再手術を行う可能性もあります。


Nagata Microtia and Rconstructive Plastic Surgery Clinic
Satoru Nagata, M.D., Ph.D.  2/April/2021
1st-stage operation for lobule type microtia

永田小耳症形成外科クリニック・永田 悟・2021年4月2日
耳垂残存型小耳症の肋軟骨移植


DSC00743_convert_20210402160710.jpg
Preoperative appearance
  of lobule type microtia.

耳垂残存型小耳症の術前。

DSC00744_convert_20210402160745.jpg
Determine the proper anatomical location
  with transparent film template.

透明フイルムに印刷した本人サイズの設計図を用いて
 耳介の正常な場所と大きさを決定する。

DSC00745_convert_20210402160827.jpg
The outline for the 1st-stage operation.

肋軟骨移植術の手術デザイン

DSC00748_convert_20210402161006.jpg
Fabricated 3-dimensional costal cartilage frame
  [3-D frame] and paper template.

作成した3次元肋軟骨フレームと紙型。

DSC00746_convert_20210402160908.jpg
4 skin flaps formed,
  anterior skin flap of the lobule,
  posterior skin flap of the lobule,
  mastoid skin flap,
  tragus skin flap.
All remnant ear cartilage removed.
Skin pocket created.

4枚の皮弁形成を行った。
  耳垂前面皮弁、
  耳垂後面皮弁、
  乳突洞部皮弁、
  耳珠用皮弁。
すべての遺残耳介軟骨を摘出した。
皮下ポケットを作成した。

DSC00749_convert_20210402161034.jpg
3-D frame is grafted
  under the skin pocket
    and reconstructed auricle.

3次元肋軟骨フレームを
  皮下ポケットへ移植して
    再建した耳介。

DSC00750_convert_20210402161107.jpg
At the end of the 1st-stage operation
  with Bolster fixation sutures.

ボルスター縫合固定を行って手術終了。


このブログの写真は小耳症治療をご理解いただくために、参考資料として掲載させていただいています。それぞれの症状によって、手術結果は異なりますのでご了承ください。

小耳症手術による合併症
一過性の顔面神経麻痺 浅側頭動・静脈の血行不良による植皮の生着不良 感染 移植軟骨の露出 気胸 術後肺炎 縫合不全 ハゲ 床ずれ その他

上記のような合併症が生じた場合は、症状に応じて対処致します。場合によっては再手術を行う可能性もあります。


Nagata Microtia and Reconstructive Plastic Surgery Clinic
Satoru Nagata, M.D., Ph.D.  1/April/2021
1st-stage operation for lobule type microtia

永田小耳症形成外科クリニック・永田 悟・2021年4月1日
耳垂残存型小耳症の肋軟骨移植術


DSC00733_convert_20210401165624.jpg
Preoperative appearance
  of lobule type microtia.

耳垂残存型小耳症の術前。

DSC00734_convert_20210401165703.jpg
Determine the proper anatomical location
  with transparent film template.

透明フイルムに印刷した本人サイズの設計図を用いて
 耳介の正常な場所と大きさを決定する。

DSC00735_convert_20210401165732.jpg
The outline for the 1st-stage operation.

肋軟骨移植術の手術デザイン。

DSC00736_convert_20210401165806.jpg
Fabricated 3-dimensional costal cartilage frame
   [3-D frame] and paper template.

作成した3次元肋軟骨フレームと紙型。

DSC00738_convert_20210401165915.jpg
4 skin flaps formed,
  anterior skin flap of the lobule,
  posterior skin flap of the lobule,
  mastoid skin flap,
  tragus skin flap.
All remnant ear cartilage removed.
Skin pocket created.

4枚の皮弁形成を行った。
  耳垂全面皮弁、
  耳垂後面皮弁、
  乳突洞部皮弁、
  耳珠用皮弁。
すべての遺残耳介軟骨を摘出した。
皮下ポケットを作成した。

DSC00740_convert_20210401170020.jpg
3-D frame is grafted
  under the skin pocket
     and reconstructed auricle.

3次元肋軟骨フレームを
 皮下ポケットへ移植して
  再建した耳介。

DSC00741_convert_20210401170050.jpg
At the end of the 1st-stage operation
  with Bolster fixation sutures.

ボルスター縫合固定を行って手術終了。


このブログの写真は小耳症治療をご理解いただくために、参考資料として掲載させていただいています。それぞれの症状によって、手術結果は異なりますのでご了承ください。

小耳症手術による合併症
一過性の顔面神経麻痺 浅側頭動・静脈の血行不良による植皮の生着不良 感染 移植軟骨の露出 気胸 術後肺炎 縫合不全 ハゲ 床ずれ その他

上記のような合併症が生じた場合は、症状に応じて対処致します。場合によっては再手術を行う可能性もあります。