FC2ブログ

永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

Nagata Microtia and Reconstructive Plastic Surgery Clinic
Satoru Nagata, M.D., Ph.D.  29/June/2021
1st-stage operation for lobule type microtia.

永田小耳症形成外科クリニック・永田 悟・2021年6月29日
耳垂残存型小耳症の肋軟骨移植術


DSC01011_convert_20210629162022.jpg
Preoperative appearance
   of lobule type microtia.

耳垂残存型小耳症の術前。

DSC01012_convert_20210629162108.jpg
Determine the proper anatomical location
  with transparent film template.

透明フイルムに印刷した本人サイズの設計図を用いて
  耳介の正常な場所と大きさを決定する。

DSC01013_convert_20210629162150.jpg
The outline for the 1st-stage operation.

肋軟骨移植術の手術デザイン。

DSC01014_convert_20210629162214.jpg
Fabricated 3-dimensional costal cartilage frame
  [3-D frame] and paper template.

作成した3次元肋軟骨フレームと紙型。

DSC01017_convert_20210629162341.jpg
Skin flaps formed,
  anterior skin flap of the lobule,
  posterior skin flap of the lobule,
  mastoid skin flap,
  tragus skin flap.
All remnant ear cartilage removed.
Skin pocket created.

皮弁形成を行った、
  耳垂前面皮弁、
  耳垂後面皮弁、
  乳突洞部皮弁、
  耳珠用皮弁。
すべての遺残耳介軟骨を摘出した。
皮下ポケットを作成した。

DSC01018_convert_20210629162410.jpg
3-D frame is grafted
  under the skin pocket
     and reconstructed auricle.

3次元肋軟骨フレームを
 皮下ポケットへ移植して
   再建した耳介。

DSC01019_convert_20210629162458.jpg
At the end of the 1st-stage operation
  with Bolster fixation sutures.

ボルスター縫合固定を行って手術終了。



このブログの写真は小耳症治療をご理解いただくために、参考資料として掲載させていただいています。それぞれの症状によって、手術結果は異なりますのでご了承ください。

小耳症手術による合併症
一過性の顔面神経麻痺 浅側頭動・静脈の血行不良による植皮の生着不良 感染 移植軟骨の露出 気胸 術後肺炎 縫合不全 ハゲ 床ずれ その他

上記のような合併症が生じた場合は、症状に応じて対処致します。場合によっては再手術を行う可能性もあります。


Nagata Microtia and Reconstructive Plastic Surgery Clinic
Satoru Nagata, M.D., Ph.D.  22/June/2021
1st-stage operation for lobule type microtia

永田小耳症形成外科クリニック・永田 悟・2021年6月22日
耳垂残存型小耳症の肋軟骨移植術


DSC01002_convert_20210622162553.jpg
Preoperative appearance
  of lobule type microtia.

耳垂残存型小耳症の術前。

DSC01003_convert_20210622162639.jpg
Determine the proper anatomical location
  with tarnsparent film template.

透明フイルムに印刷した本人サイズの設計図を用いて
 耳介の正常な場所と大きさを決定する。

DSC01004_convert_20210622162709.jpg
The outline for the 1st-stage operation.

肋軟骨移植術の手術デザイン。

DSC01006_convert_20210622162816.jpg
Fabricated 3-dimensional costal cartilage frame
  [3-D frame] and paper template.

作成した3次元肋軟骨フレームと紙型。

DSC01007_convert_20210622162843.jpg
Skin flaps formed,
  anterior skin flap of the lobule,
  posterior skin flap of the lobule,
  mastoid skin flap,
  tragus skin flap.
All remnant ear cartilage removed.
Skin pocket created.

皮弁形成を行った、
  耳垂前面皮弁、
  耳垂後面皮弁、
  乳突胴部皮弁、
  耳珠用皮弁。
すべての遺残耳介軟骨を摘出した。
皮下ポケットを作成した。

DSC01009_convert_20210622162942.jpg

3-D frame is grafted
   under the skin pocket
     and reconstructed auricle.

3次元肋軟骨フレームを皮下ポケットへ移植して再建した耳介。

DSC01010_convert_20210622163019.jpg
At the end of the 1st-stage operation
 with Bolster fixation sutures.

ボルスター縫合固定を行って手術終了。



このブログの写真は小耳症治療をご理解いただくために、参考資料として掲載させていただいています。それぞれの症状によって、手術結果は異なりますのでご了承ください。

小耳症手術による合併症
一過性の顔面神経麻痺 浅側頭動・静脈の血行不良による植皮の生着不良 感染 移植軟骨の露出 気胸 術後肺炎 縫合不全 ハゲ 床ずれ その他

上記のような合併症が生じた場合は、症状に応じて対処致します。場合によっては再手術を行う可能性もあります。


Nagata Microtia and Reconstructive Plastic Surgery Clinic
Satoru Nagata, M.D., Ph.D.  18/June/2021
1st-stage operation for lobule type microtia

永田小耳症形成外科クリニック・永田 悟・2021年6月18日
耳垂残存型小耳症の肋軟骨移植術


DSC00992_convert_20210618185235.jpg
Preoperative appearance
  of lobule type microtia.

耳垂残存型小耳症の術前。

DSC00993_convert_20210618185303.jpg
Determine the proper anatomical location
  with transparent film template.

透明フイルムに印刷した本人サイズの設計図を用いて
 耳介の正常な場所と大きさを決定する。

DSC00994_convert_20210618185332.jpg
The outline for the 1st-stage operation.

肋軟骨移植術の手術デザイン。

DSC00996_convert_20210618185430.jpg
Fabricated 3-dimensional costal cartilage frame
   [3-D frame] and paper template.

作成した3次元肋軟骨フレームと紙型。

DSC00997_convert_20210618185459.jpg
Skin flaps formed,
  anterior skin flap of the lobule,
  posterior skin flap of the lobule,
  mastoid skin flap,
  tragus skin flap.
All remnant ear cartilage is removed.
Skin pocket is created.

皮弁形成を行った。
   耳垂前面皮弁、
   耳垂後面皮弁、
   乳突洞部皮弁、
   耳珠用皮弁。
すべての遺残耳介軟骨を摘出した。
皮下ポケットを作成した。

DSC00998_convert_20210618185530.jpg
3-D frame is grafted
   under the skin pocket
     and reconstructed auricle.

3次元肋軟骨フレームを
  皮下ポケットへ移植して
    再建した耳介。

DSC01001_convert_20210618185654.jpg
At the end of the 1st-stage operation
 with Bolster fixation sutures.

ボルスター縫合固定を行って手術終了。


このブログの写真は小耳症治療をご理解いただくために、参考資料として掲載させていただいています。それぞれの症状によって、手術結果は異なりますのでご了承ください。

小耳症手術による合併症
一過性の顔面神経麻痺 浅側頭動・静脈の血行不良による植皮の生着不良 感染 移植軟骨の露出 気胸 術後肺炎 縫合不全 ハゲ 床ずれ その他

上記のような合併症が生じた場合は、症状に応じて対処致します。場合によっては再手術を行う可能性もあります。


Nagata Microtia and Reconstructive Plastic Surgery Clinic
Satoru Nagata, M.D., Ph.D. 15/June/2021
Secondary reconstruction for microtia [STA was severed]

永田小耳症形成外科クリニック・永田 悟・2021年6月15日
耳垂残存型小耳症の再々建手術 「STAが切断されていた症例」



DSC00980_convert_20210615231315.jpg
Preoperative appearance
  of unfavourable result for microtia.
This case was already operated
 at a university hospital in kanto area.
STA is not palpable.

この症例は、すでに関東地方の某大学病院の形成外科と耳鼻科で
 小耳症に対する再建手術と聞こえの手術を計3回受けてたものの
  聞こえるようにもならず、耳介の形態も非常に不幸な結果となっている。
  
DSC00981_convert_20210615231348.jpg
Determine the proper anatomical location
 with tarnsparent film template.

透明フイルムに印刷した本人サイズの設計図を用いて
 耳介の正常な場所と大きさを決定する。

DSC00982_convert_20210615231516.jpg
The outline for the secondary operation.

再々建手術のデザイン。

DSC00983_convert_20210615231551.jpg
Excised color-unmatched grafted skin
 and excised grafted costal cartilage
  [resorption occurred and deformity] [left].
Newly fabricated 3-dimensional costal cartilage frame
 3-D frame [center].
Paper template [right].

色調の異なる移植されていた皮膚を切除した。
移植されていた吸収変形した肋軟骨を摘出した「左」。
新たに作成した3次元肋軟骨フレーム「中央」。
紙型「右」。

DSC00984_convert_20210615231623.jpg
Ultra-delicate split thickness scalp skin
  [UDSTS] is harvested.
The temporoparietal fascia flap [TPF]
   combined with deep temporal fascia [DTF] are elevated.
Skin flaps formed,
  anterior skin flap of the lobule,
  posterior and mastoid skin flap of the lobule,
  upper auricular skin flap.

頭皮分層皮膚を採取した。
TPFとDTF を一塊として挙上した。
皮弁形成を行った。
  耳垂前面皮弁、
  耳垂後面および乳突洞部皮弁、
  耳介上方皮弁。

DSC00985_convert_20210615231653.jpg
3-D frame is grafted under the skin flap.

3次元肋軟骨フレームを移植し皮弁で被覆した。

DSC00987_convert_20210615231805.jpg
Upper lateral portion of the grafted 3-D frame
  is covered with TPF-DTF.

3次元肋軟骨フレームの外側上方を
 TPF-DTF で被覆した。

DSC00988_convert_20210615231837.jpg
 TPF-DTF portion is covered with UDSTS.

TPF-DTF の部分を頭皮分層皮膚で被覆した。

DSC00989_convert_20210615231910.jpg
At the end of the 1st-stage operation with bolster fixation sutures.

ボルスター縫合固定を行って手術終了。


このブログの写真は小耳症治療をご理解いただくために、参考資料として掲載させていただいています。それぞれの症状によって、手術結果は異なりますのでご了承ください。

小耳症手術による合併症
一過性の顔面神経麻痺 浅側頭動・静脈の血行不良による植皮の生着不良 感染 移植軟骨の露出 気胸 術後肺炎 縫合不全 ハゲ 床ずれ その他

上記のような合併症が生じた場合は、症状に応じて対処致します。場合によっては再手術を行う可能性もあります。


Nagata Microtia and Reconstructive Plastic Surgery Clinic
Satoru Nagata, M.D., Ph.D  11/June/2021
1st-stage operation for atypical concha type microtia

永田小耳症形成外科クリニック・永田 悟・2021年6月11日
非定形耳甲介型小耳症の肋軟骨移植術


DSC00969_convert_20210611190714.jpg
Preoperative appearance
  of atypical concha type microtia.

非定形耳甲介型小耳症の術前。

DSC00971_convert_20210611190909.jpg
The outline for the 1st-stage operation
  with transparent film template.

透明フイルムに印刷した本人サイズの設計図を用いて
 耳介の正常な場所と大きさを決定する。

DSC00972_convert_20210611190940.jpg
The outline for the 1st-stage operation.

肋軟骨移植術の手術デザイン。

DSC00973_convert_20210611191013.jpg
Fabricated 3-dimensional costal cartilage frame
  [3-D frame] and paper template.

作成した3次元肋軟骨フレームと紙型。

DSC00975_convert_20210611191118.jpg
Skin flaps formed,
  anteror skin flap of the lobule,
  posterior skin flap of the lobule,
  mastoid skin flap,
  tragus skin flap.
Almost remnant ear cartilage removed
  without anti-tragus.
Skin pocket created.

皮弁形成を行った、
  耳垂前面皮弁、
  耳垂後面皮弁、
  乳突洞部皮弁、
  耳珠用皮弁。
対珠を除く大部分の遺残耳介軟骨を摘出した。
皮下ポケットを作成した。

DSC00976_convert_20210611191151.jpg
3-D frame is grafted under the skin pocket
  and reconstructed auricle with excessive skin removed.

3次元肋軟骨フレームを皮下ポケットへ移植して
 余分な皮膚を切除し再建した耳介。

DSC00978_convert_20210611191247.jpg
At the end of the 1st-stage operation
  with Bolster fxation sutures.

ボルスター縫合固定を行って手術終了。


このブログの写真は小耳症治療をご理解いただくために、参考資料として掲載させていただいています。それぞれの症状によって、手術結果は異なりますのでご了承ください。

小耳症手術による合併症
一過性の顔面神経麻痺 浅側頭動・静脈の血行不良による植皮の生着不良 感染 移植軟骨の露出 気胸 術後肺炎 縫合不全 ハゲ 床ずれ その他

上記のような合併症が生じた場合は、症状に応じて対処致します。場合によっては再手術を行う可能性もあります。


6月5日、第61回小耳症説明会を開催しました。

まだまだコロナが落ち着かない中、少人数に限っての開催です。
最近は、参加人数が少ないせいか、会場のクリニック外来待合室も静かです。

5月のうちに、医療従事者であり、高齢者枠でもある院長は、
無事、2回のコロナワクチン接種を終えることができました。
他のスタッフも次々と終了し、
少しでも患者さんたちへの感染が予防できるよう期待しています。

早く安心して説明会が開催で来ますように。

Nagata Microtia and Reconstructive Plastic Surgery Clinic
Satoru Nagata, M.D., Ph.D.  10/June/2021
2nd-stage operation for lobule type microtia

永田小耳症形成外科クリニック・永田 悟・2021年6月10日
耳垂残存型小耳症の耳立て手術


DSC00962_convert_20210610191332.jpg
6 months after the 1st-stage operation
  for lobule type microtia
    and reconstructed auricle.

半年前に耳垂残存型小耳症に
  肋軟骨移植術を行って再建した耳介。

DSC00963_convert_20210610191407.jpg
The outline for the 2nd-stage operation.

耳立て手術の手術デザイン。

DSC00964_convert_20210610191441.jpg
The temporoparietal fascia flap
  [TPF] is elevated.
Ultra-delicate split thickness scalp skin
  [UDSTS] is harvested.
Costal cartilage block
  for ear projection is fabricated.

TPFを挙上した。
頭皮分層皮膚を採取した。
耳を立てるための肋軟骨ブロックを作成した。

DSC00965_convert_20210610191511.jpg
The total suture line.

縫合線の全体像。

DSC00966_convert_20210610191543.jpg
The reconstructed auricle is projected.

再建した耳介が立っている。

DSC00968_convert_20210610193322.jpg
The reconstructed auricle is projected.

再建した耳介が立っている。


このブログの写真は小耳症治療をご理解いただくために、参考資料として掲載させていただいています。それぞれの症状によって、手術結果は異なりますのでご了承ください。

小耳症手術による合併症
一過性の顔面神経麻痺 浅側頭動・静脈の血行不良による植皮の生着不良 感染 移植軟骨の露出 気胸 術後肺炎 縫合不全 ハゲ 床ずれ その他

上記のような合併症が生じた場合は、症状に応じて対処致します。場合によっては再手術を行う可能性もあります。


Nagata Microtia and Reconstructive Plastic Surgery Clinic
Satoru Nagata, M.D., Ph.D.  8/June/2021
2nd-stage operation for lobule type microtia

永田小耳症形成外科クリニック・永田 悟・2021年6月8日
耳垂残存型小耳症の耳立て手術


DSC00952_convert_20210608204447.jpg
6 months after the 1st-stage operation
   for lobule type microtia
    and reconstructed auricle.

半年前、耳垂残存型小耳症に肋軟骨移植術を行て再建した耳介。

DSC00954_convert_20210608204637.jpg
The outline for the 2nd-stage operation.

耳立て手術の手術デザイン。

DSC00956_convert_20210608205322.jpg
The temporoparietal fascia flap
   [TPF] is elevated.
Costal cartilage block
  for ear projection is fabricated.
Ultra-delicate split thickness scalp skin
  [UDSTS] is harvested.

TPFを挙上した。
耳を立てるための肋軟骨ブロックを作成した。
頭皮分層皮膚を採取した。

DSC00958_convert_20210608205437.jpg
The total suture line.

縫合線の全体像。

DSC00960_convert_20210608205748.jpg
The reconstructed auricle is projected.

再建した耳介が立っている。

DSC00961_convert_20210608205859.jpg
The reconstructed auricle is projected.

再建した耳介が立っている。


このブログの写真は小耳症治療をご理解いただくために、参考資料として掲載させていただいています。それぞれの症状によって、手術結果は異なりますのでご了承ください。

小耳症手術による合併症
一過性の顔面神経麻痺 浅側頭動・静脈の血行不良による植皮の生着不良 感染 移植軟骨の露出 気胸 術後肺炎 縫合不全 ハゲ 床ずれ その他

上記のような合併症が生じた場合は、症状に応じて対処致します。場合によっては再手術を行う可能性もあります。


Nagata Microtia and Reconstructive Plastic Surgery Clinic
Satoru Nagata, M.D., Ph.D.  1/June/2021
1st-stage operation for lobule type microtia

永田小耳症形成外科クリニック・永田 悟・2021年6月1日
耳垂残存型小耳症の肋軟骨移植術


DSC00943_convert_20210601163132.jpg
Preoperative appearance
  of lobule type microtia.

耳垂残存型小耳症の術前。

DSC00944_convert_20210601163205.jpg
Determine the proper anatomical location
  with transparent film template.

透明フイルムに印刷した本人サイズの設計図を用いて
 耳介の正常な場所と大きさを決定する。

DSC00945_convert_20210601163250.jpg
The outline for the 1st-stage operation.

肋軟骨移植術の手術デザイン。

DSC00948_convert_20210601163420.jpg
Fabricated 3-dimensional costal cartilage frame
  [3-D frame] and paper template.

作成した3次元肋軟骨フレームと紙型。

DSC00947_convert_20210601163347.jpg
Skin flaps formed,
  anterior skin flap of the lobule,
  posterior skin flap of the lobule,
  mastoid skin flap,
  tragus skin flap.
All remnant ear cartilage removed.
Skin pocket created.

皮弁形成を行った、
  耳垂前面皮弁、
  耳垂後面皮弁、
  乳突洞部皮弁、
  耳珠用皮弁。
すべての遺残耳介軟骨を摘出した。
皮下ポケットを作成した。

DSC00949_convert_20210601163450.jpg
3-D frame is grafted
   under the skin pocket
    and reconstructed auricle.

3次元肋軟骨フレームを
  皮下ポケットへ移植して
    再建した耳介。

DSC00951_convert_20210601163551.jpg
At the end of the 1st-stage operation
  with Bolster fixation sutures.

ボルスター縫合固定を行って手術終了。


このブログの写真は小耳症治療をご理解いただくために、参考資料として掲載させていただいています。それぞれの症状によって、手術結果は異なりますのでご了承ください。

小耳症手術による合併症
一過性の顔面神経麻痺 浅側頭動・静脈の血行不良による植皮の生着不良 感染 移植軟骨の露出 気胸 術後肺炎 縫合不全 ハゲ 床ずれ その他

上記のような合併症が生じた場合は、症状に応じて対処致します。場合によっては再手術を行う可能性もあります。