FC2ブログ

永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

前回きっかけをお話したので、続きを・・・。


看護師3年目にマッサージに興味を持ちましたが、どうしていいものか分からず、日々の忙しさに(遊びも入りますが・・・)追われて、何事も行動を起こさず勤務移動になりました。


看護師6年目に手術室(兼・透析室)に移動になりました。
透析室では、足がつる患者様が多く、『リフレクソロジー』を習うといいのかな?
と、思うようになりました。


しかし、資格を取るのは、時間とお金がかかり、働きながら通える学校を見つけることができませんでした。今思えば、その時は、仕事と、プライベートと、マッサージを比較した場合、マッサージへの情熱が弱かったのだと思います。


そうこうしているうちに時は流れ・・・。


手術室へ移動し5年くらい経ったでしょうか。


マッサージを受けるのがもともと好きで、疲れると自分メンテナンスにマッサージに通ってました。


指圧、整体、リフレクソロジー、台湾マッサージ、タイ式マッサージ・・・などなど。
そして、結局たどり着いたのが、アロマセラピーでした。


「こんなに気持ちがいいもの、他の人だって気持ちが良いに違いない!」そう思うようになり、
私の中でアロマセラピーの比重が高まっていきました。


同じ頃、私の親友のお母様の体調が悪くなり入院生活をすることになりました。
私の親友は、毎日、毎日、仕事の後に病院へ行き看病をしました。
彼女はがんばり屋さんなので、一日も休まず病院へ行きました。


仕事と看病を両立する彼女は、本当に疲れていました。
しかし、面会後に開いているマッサージのお店がほとんどなく、「病院にマッサージ屋があれば良いのに」と。


その言葉を聞いて、本当にそうだと思いました。


患者様だけでなく、ご家族の方も受けられるマッサージ。
そして、そこで働く医療従事者も受けられるマッサージ。
(医師も看護師も疲れていては、良い医療、良い看護が提供できませんから。)


そんなマッサージの施設がある病院はこれから必要だ。


漠然とした目標が、気持ちが少しずつ形を現しました。


そんな時、日本看護協会が主催している勉強会で、「アロマセラピー」という項目を見つけたのです!!。


看護師11年目、(手術室6年目)のときでした。

人間は、キッカケが何処であるかわかりませんよね。このちょっとしたキッカケで、仕事も人生も変わることがあります。そしてキッカケを元に、自分の人生や仕事を変えられるかどうかは、動機や人との意味ある出会いからですね。心動く瞬間が大切な時ですね。
原動力が強く働いたのですね。

2007.08.06 01:40 URL | サルトル #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
https://acrejuvenation.blog.fc2.com/tb.php/1007-6aa52b5f