FC2ブログ

永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

インドに住むインド人の小耳症患者さんから


写真つきのメールが入ってきた。


ローヘアーラインを伴う小耳症だった。


 


このようなローヘアーラインを伴う症例は、


耳の再建が困難なために、


当院へと多くの患者さんが次第に集まってくる。


しかも、困難なケースばかりとなっている。


 


通常のケースは大学病院で作られて


さらに作り直しとなっているから


益々困難な症例となっている。


 


最初から当院で手術していれば良いのにと


いつも思う。













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
https://acrejuvenation.blog.fc2.com/tb.php/1130-889836ac