FC2ブログ

永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

DSC02637.jpg


日本人には意外と思う人が、多いのだが、413


台湾のチャングン大学は1万ベットを誇り、


特に形成外科領域では、学問的にも、


アジアでナンバー1のレベルを持つ病院として有名なのだ。267


 


私は、チャングン大学病院形成外科[台湾]に、


特殊で困難な小耳症のケースがいる時のみ


ズンチャンチェン医師から頼まれて、小耳症手術を、教えに行く。


ズンチャンチェン医師は、以前、このブログで述べたように、


私の元へ一年間留学して小耳症手術を学んでいるので


ほとんど通常の小耳症のケースは自ら行っている。17


 


しかし、特殊なケースがあると連絡してくるのだ。213


中には台湾中の大学病院で、12回もの手術を受け、挙句の果てに


悲惨な結果となってしまった症例の抜本的な作り直し手術などがあるのだ。12


 


そういう困難なケースの手術はどうしても、


12時間、14時間とかの時間がかかるのだ。241


私が手術室に入ると、世界中からチャングン大学形成外科に


学びに来ている留学生が、いつも大勢で、手術見たさに待ち構えている。416417416


このときの留学生は、アメリカ・カナダ・イタリア・シンガポール・インド・タイ・ドイツから


などであった。497 499 500 498 502   日本からの留学生も多いのだ。496


 


日本に、これほどの留学生が集まる施設は無い。14


いかに、チャングン大学のレベルが高いか分かると言うものだ。91


 


上の写真はその時のシーンである。


全身麻酔が、かかった患者さんの耳を持って、術前のデザインをしているのが私。


患者さんをまたぐ様に、手術ベットに右手をついているのが、チェン医師。


周囲をぐるりと取り囲むのは海外からの留学生達。


 


留学生達は、非常に熱心に手術に関する、あらゆる質問をしてくる。41


私が書いたアメリカのテキストや論文のコピーを手にしながら。


正に、熱気にあふれた生きた教育が、出来、


教える私としても、やりがいのある時間なのだ。21


 


 


 


 


 


 


 

永田先生も大変!!v-390
留学生も大変!!v-393
小耳症手術は大変なのですね!v-292

2006.12.28 23:30 URL | おいら #- [ 編集 ]

Reオイラ様へ
大変であれば大変ななほど、
闘志も沸くし、
やり遂げた後は、喜びも大きいのですよ。

2006.12.29 01:36 URL | サルトル #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
https://acrejuvenation.blog.fc2.com/tb.php/121-744f3283