FC2ブログ

永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

子供たちが、うるさい。元気がいいことは良いことなのだが、元気がよすぎると、困ることもある。 


大部屋の2号室で子供たちが大騒ぎをしている。個室のお姉さんが、驚いて飛び出してきたぐらいだ。頭にきた私は2号室に飛び込んだ。


「何をしているの!耳を怪我したらどうするの!」「~△~▲~~~!」「!!!!!」


たちまちみんなが固まった。


「わかったの!わかったら返事しなさい!」


漫画を見てて、何がおきたかわからない、きょとっとしてる一人を指差し「あなたはいいの!」「あとはさっさと自分の部屋に帰りなさい!」


たちまちみんなが散らばった。すぐ散らばるくらいなら、最初からおとなしくしていなさい。


「まったく、自分の子なら○○×××よ」と夜勤さんに話したら「院長とけんかしたときもですか」と聞かれたので「院長のときは物を投げつけるの」と答えた。


元気がいいのは良いけれど、どんな理由があれ病院で暴れるのは許されない。


けんかでも、どちらがいいか悪いかは関係ない。治療に専念できなければ、それが悪いことだ。


それをよくよく自覚してほしい。













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
https://acrejuvenation.blog.fc2.com/tb.php/1218-feba2bfc