FC2ブログ

永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

DSC02641.jpg


向かって右は、バージニア大学耳鼻科のジャスドーファ教授である。


左はその、教え子の、ケッサー助教授である。


ジャスドーファ教授は、小耳症患者さんの外耳道閉鎖症に対する


聞こえの改善手術の開発者である。363


ジャスドーファ教授が、手術すると、98パーセントと言う驚くべき成功率で、


補聴器が無くても聞こえるようになる。41


なにせ2000症例の経験と実績があるのだ。405


他の医者が、逆立ちしても、まねのできない事なのだ。


現在は、ケッサー助教授がジャスドーファ教授の指導のもとに手術を、行っている。


私のところで耳再建の手術をした患者さんで、


希望する人は、ジャスドーファ教授を紹介している。


紹介して手術を受けた患者さんは全員それまで10年間付けていた補聴器なしで、


日常会話が、出来るようになって来た。21


DSC02642.jpg


上の写真は、1997年、9月、ドイツ・リューベックで開催された


第3回国際小耳症学会での夕食会。


向かって最も左がジャスドーファ教授


最も右が私の若かりし頃


この時以来、小耳症学会では、常にいっしょだ。


ジャスドーファ教授が私の再建した耳に、穴を開けさせてくれ。


と、頼んできてからの国際交流が、続いている。


日本の患者さんであっても、私が、耳を再建した患者さん以外は断っているそうだ。267

この写真どこかで・・・みたようなv-416・・・?
サルトル様が基礎をつくり・・・v-418
ジャスドーファ教授が穴をあける!!
まさに夢の様!v-353

2006.12.28 23:43 URL | おいら #- [ 編集 ]

Reオイラ様へ
そうです。
診察室に貼っている写真です。v-212

2006.12.29 01:20 URL | サルトル #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
https://acrejuvenation.blog.fc2.com/tb.php/124-3febad68