FC2ブログ

永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

自己表現が最大に出来たとき


爽快感がある。


 


例えば、画家が自分のイメージ通りの絵画が出来た瞬間、爽快感を感じる。


歌手が自分の思いどうりに歌えたとき、爽快感を感じる。


この爽快感が,観衆、聴衆に最高の感動を与えた時、


最高の自己表現が出来た時となる。


爽快感を感じるときである。


 


私の自己表現は、公演時に


「いかに耳を正確に作るようにするのか・


基礎から始まり、順次


困難な症例にいたるまで、


さらに、


これでもかと言うほど、


たとえ以前に、手術を受けていて、


どんなに、徹底的に破壊されていた耳であっても、


不可能を可能に出来るのだ、すなわち、作り直しと思えないほど


正確に出来ると言う


事を表現していく。


 


私の公演を見ていた耳つくりの専門家達が、皆


驚き、どよめき、興奮に、目つきが変わり


 


公演の途中から


皆が


瞬きすらしなくなり、


静寂となる。


 


聞こえてくるのは、自分の声と、


画像を切り替える時に、自分が押すキーボードの音だけとなってくる。


 


そして会場から、ため息が聞こえ始め


私の発表のペースは、滑らかとなる。


 


公演の画像は800にも及び、


公演は、軽く2時間ほど一気に行われる。


 


次々に、段階的に、困難な症例となって行き


画像は次々と息をつかせず変わっていく。


そして、


不可能が可能になっている事を聴衆に


十分知らさしめる事が出来たとき


私の講演が終了する。


 


終了後、


一瞬の静寂の後、大興奮の千切れんばかりの拍手となる。


 


爽快感が走る瞬間だ。

先生のご講演ぜひ聴きたいです。
娘が小耳症で診ていただいたことをきっかけにブログをときどき拝見させていただいてますが、最近は小耳症ではなく、先生ご自身の生き方に興味をもっています。
まわりなどどうでもよく天職に没頭されるお姿かっこいいです!そして天職でない仕事についている私のあこがれです。
これからも楽しみにしています。

2007.10.28 00:05 URL | #- [ 編集 ]

すいません、先のコメントに名を入れ忘れました。

2007.10.28 00:06 URL | やきいも #- [ 編集 ]

reやきいも様へ
私の講演は、初診の時に、1時間以上かけてすでに説明したものです。その時に、私が説明した資料は、私が国際学会や、アメリカの医師を教育する時に使っている同じ資料を使って、日本語の素人言葉で説明しています。

2007.11.01 22:36 URL | サルトル #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
https://acrejuvenation.blog.fc2.com/tb.php/1245-681924db