FC2ブログ

永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

2003年8月、オーストラリア・シドニーで、国際形成外科学会が、行われた。


私は小耳症治療のパネリストとして、出席した。233


 


学会前に、オーストラリアのサイエンティフィック会議側から、


私がパネリストとして、選ばれるまでに、どんな経緯があったのかを、


詳細にレポートとして、報告して来た。363 4


こんなことは、初めてだった。354


 


その手紙には、まず、あらかじめ、学会を自分側に有利に操作しようとするある国の、37


政治的に特殊な大物人物14が関与していたことが


実名をあげて具体的に書かれていた。5


あらゆる政治的暗躍が事前にあった事が,時間の経過とともに、詳しく報告されていた。


驚くべき内容だった。23712237


 


しかし、最終的に、オーストラリア・サイエンティフィック会議は、


「学問の発展のため、真に科学的レベルを基準に優先して人選した結果、41


小耳症部門418のパネリストとして、あなたには、


最も長時間公演していただけるように決定致しました。238352


よろしく、お願いします.」との事だった。


 


この政治的暗躍をした人物14は、もはや、国際的信用を無くしたようだ。3116


科学の討論で、学問の進歩を目指すために


この、4年に一度の国際形成外科学会は存在する。267


そこに、自分個人14の政治力で、科学を捻じ曲げようとしていたのだ。26


しかしながら、真の科学は世界共通で、一つなのだ。267


科学が政治を上回った結果となった。308424314


 


学会が終了して帰国後、


オーストラリア形成外科サイエンティフィック会議代表者から、手紙が届いた。5


[あなたの公演により、学会は充実し熱気にあふれる会となりました。41


本当に、ありがとうございます。最大限の感謝をしています。」352238352


との内容だった。


                                                    

一番最初の文が
"20003年"になっていますよ

2006.12.30 23:49 URL | ホリスター #- [ 編集 ]

Reホリスター様へ
ご指摘ありがとうございます。
訂正しました。

2006.12.31 01:04 URL | サルトル #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
https://acrejuvenation.blog.fc2.com/tb.php/130-d4fb22d4