FC2ブログ

永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

鼻の再々建術を行っている間に、


 


今日は、オーストラリアからの患者さんが入院した。


小耳症手術後、再々建手術目的での入院だ。


 


元はアメリカ人だったので、


以前・アメリカで小耳症手術を3回受けたものの、


不幸な結果となり、悩んでおられた。


結婚後は、オーストラリア人となっているが、


 


作り直しをどうしても、したくて、アメリカ・カリフォル二ア州の


ブレント医師の診察を受けたところ、


「手術は出来ない」といわれた。


ただし、「日本の、永田ならば可能だ。」と言われて、


半年ほど前に永田小耳症形成外科クリニックを受診されていた。


 


1時間半にわたる症例写真の説明を受けて、


作り直しが、可能と言う事を知った患者さんは、非常に喜んだ。


嬉し涙を浮かべたほどだ。


 


なぜなら、アメリカのあらゆる施設で「再々建は、不可能だ。」と断られてきたので、


日本まで来て、もし、最後の頼みの綱の永田からも、「作り直しが不可能だ。」


と言われたら、どうしよう、と心配していたとの事だった。


 


だから初めて「作り直しが可能だ。」と言われて、大喜びとなったのだった。


しかし、予約が詰まっている当院には、半年先にしか手術の空きがなかったので、


すぐにでも手術したかったのだが、しかたなく、そこに、予約されて帰国されていた。


 


だから、この入院の日が来る事を、今か今かと、


毎日待ち望んでいたとの事だ。


10日前の術前検査のために、11日前から、来日して、


術前検査の後も帰国せずにそのまま日本のホテルに滞在して


入院日となる今日を待っていた患者さんだ。


 


患者さんの期待に答えられるように、


明日も、長時間の手術を、頑張らなければならない。


 













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
https://acrejuvenation.blog.fc2.com/tb.php/1318-ae5d0b5e