FC2ブログ

永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

年明けの、2007年には、6月26日から30日まで


4年に一度開催される、第14回国際形成外科学会が、ドイツ・ベルリンで行われます。267


世界の形成外科医から1000を超える一般演題数の応募があったそうです。


私は、あらかじめドイツ・サイエンティフィック会議より、


耳の部門のキーノートスピーカーとして決定したから、


よろしくとの依頼状が届いていたので、


「小耳症に対する耳の再建術」を公演しに行く予定です。233


 


過去に世界を回った結果として知り合った医師たちの多くと


また、再開します。


お互いの進歩を遂げた最新部分を、


新たに患者さんに取り入れ治療する事が出来るチャンスなのです。21


だから、世界の一流形成外科医との交流は欠かせないのです。28


 


私と小耳症418を通した交流が切っ掛けで知り合い、このブログですでに紹介した医師のうち、


他にすでに、キーノート・スピーカーとして選ばれた医師名をあげると、


 


リカルド・マゾーラ教授・・・・・・・・・・・・・・・・・イタリア、ミラノ大学・・・・・・・・・鼻の再建


フェルナンド・オルティス・モナステリオ教授・・・・・メキシコ・・・・・・・・・・・顎顔面外科


ロバート・ゴールドウィン教授・・・・・・アメリカハーバード大教授・・・・・・・困難な症例


ドナルド・M・ズッカー教授・・・・・・・・カナダ・トロント子供病院・・・・・・・・・顔面神経麻痺


ジーノ・リゴッチ教授・・・・・・・・・・・・・イタリア、国立ベローナ病院・・・・・・・乳房再建


ユーレイ・チェン教授・・・・・・・・・・・・・台湾、チャングン大学・・・・・・・・・・顎顔面変形


 


以上のように、それぞれが、その分野で


現在も世界的に活躍している事が分かります。266


 


今年ヨーロッパ形成外科学会会長となった教え子の


フランソヮーズ・フィアミンもフランスから来る予定です。


以前、私が、小耳症を教育したドイツ・リューベック大学のシーゲルト医師は、


当時は助教授でしたが、現在は教授となっています。


皆と同じ場所でまた会える事が、楽しみです。411352

またまた海外からお呼ばれされたのですねv-20
サルトルさんが海外で発表する事で世界の小耳症の患者さん達の救世主v-20になりますねv-237素敵ですv-353

2006.12.31 21:07 URL | 毒子 #- [ 編集 ]

Re毒子様へ
これは、私の義務なのです。v-34

2006.12.31 22:16 URL | サルトル #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
https://acrejuvenation.blog.fc2.com/tb.php/134-2afdf28f