fc2ブログ

小耳症(永田法)の軌跡と新たな出発

永田小耳症形成外科クリニックは、院長・永田悟医師の逝去にともない、令和4年1月に閉院いたしました。このブログと、永田法による小耳症手術は次世代に引き継がれ、現在も行われています。小耳症手術をご検討の方は、ぜひご覧ください。

人が、行動を起こす時、何かの原因がある。267


とくに、何かに感動した時、それが、きっかけとなり自分もやってみたいと、前向きに思う。21


同じものを見て、聞いて、触っていても、


個人により感じ方が全く異なる。16171012


同じ個人でも、その人の体調や、年齢の違いによって感じ方が違ってくる。205208509


感動が、強ければ強いほど、行動エネルギーも、大きくなる。41


だから、感動するための感受性が備わっているかどうかが、最も重要だ。237


感じる事は、視覚416、触覚222、味覚420、聴覚418を総合し脳33の前頭葉で、総合判定する。


感じた事に反応し声を出し419、手を動かし424、人に伝える。


多くの人に伝えたい事や、一人だけに伝えたい事がある。


感動を共有することで、喜び合える。411410407


今年も感動の毎日を、送るぞ。363

明けましておめでとうございますv-281
昨年は、サルトル様の手術や、お話ナドナド・・・多くの事に感動できたことに感謝、感謝e-420
今年も沢山の感動を共有できたら、いいな~
私って、贅沢・・・v-363

2007.01.01 06:09 URL | カルメン #- [ 編集 ]

Reカルメン様へ
あけましておめでとうございます。
今年も、さらに・感動の日日と
なれますよう、お願い申し上げます。v-219

2007.01.01 08:29 URL | サルトル #- [ 編集 ]

 あけましておめでとうございます。
今年も感動の更新を楽しみにしておりますv-10

2007.01.01 13:56 URL | あじさい #HfMzn2gY [ 編集 ]

Reあじさい様へ
感動があって生きていると言う
実感が沸きます。
感動こそ命ですよね。v-41

2007.01.01 16:06 URL | サルトル #- [ 編集 ]

先生にとって一番の感動は・・・・
耳を作ること?v-418
よろこんでもらうこと?v-10

2007.01.02 00:48 URL | おいら #- [ 編集 ]

Reオイラ様へ
それも感動の一つですよ。
一番の感動は、今まで人類が不可能だったところを可能にして、これを世界に伝え、人類がその恩恵に預かること。

2007.01.02 02:58 URL | サルトル #- [ 編集 ]

はじめましてv-25子供が6歳で小耳症です。お聞きしたいのですが、定期的に検査は必要ですか?気をつける事を教えて下さいv-237

2007.01.10 19:07 URL | めるめる #- [ 編集 ]

Reめるめる様へ
片方のみの小耳症の方は風邪を引いたとき
中耳炎となり正常側の聴力が落ちる事が怖いので、きちんと、小児科を受診して風邪をこじらせないようにしてください。毎年科学は進歩しますので、私の所なら年に一度情報を得るために来てください。定期的検査は不要です。

2007.01.10 21:34 URL | サルトル #- [ 編集 ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2007.01.11 19:05  | # [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
https://acrejuvenation.blog.fc2.com/tb.php/136-4ab0583b