fc2ブログ

小耳症(永田法)の軌跡と新たな出発

永田小耳症形成外科クリニックは、院長・永田悟医師の逝去にともない、令和4年1月に閉院いたしました。このブログと、永田法による小耳症手術は次世代に引き継がれ、現在も行われています。小耳症手術をご検討の方は、ぜひご覧ください。

先月の15日で、無事に開院2周年を迎えた。


まだまだ余裕もないし、相変わらず毎日どたばたで、何時になったら私は院長夫人になれるやら。夕べもクリニックにお泊りで、夜なべ三昧。


相変わらず院長はヴォリュームを最大限にして「ユーチューブ」を聞いている。いつもはオペラから始まってカンツォーネ、シャンソン、聖子ちゃん、はては奥村千代まで延々つづく。ほっとけばきりがない!


気が散って計算もろくにできないので、「ちょっとボリューム下げて!」と頼んだら音量を下げてくれた。で、つまらなくなったらしく、布団に入って寝てしまった。爆睡である。


おかげで仕事が、はかどるはかどる。


!。?。


なんだか怪しい気配を感じる。ごほっ、ごほっっと咳払い。ガタゴトガタゴトと音がする。なにごとか!?。ま、まさか!!!


ドアがばたっと開いて、やっぱり。


○先生。どうしたの!もう夜中の10じ過ぎ。


○先生いわく、「忘れ物をしました」と・・・。


で、結局また仕事ははかどらず、せっかく寝ていた院長はパッチリと目を覚まし、ま、いいか、と私も仕事を途中でほっぽり投げてしまいましたとさ。


専用の院長婦人室が欲しいと悲しく思った夜でした。


 


 


 


 


 


 


 













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
https://acrejuvenation.blog.fc2.com/tb.php/1382-f5755f7c