FC2ブログ

永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

DSC04817.jpg


国内の耳鼻科で、耳の穴あけの手術を受けた耳垂残存型小耳症の症例。


なぜか、耳垂を、後方へ移動されている。


形態的には、非常に、不幸な結果となっている。


すなわち耳のあるべき場所は傷だらけとなっている。


耳鼻科で、穴を開ける手術の際に、耳を再建することを、全く無視した手術を受けている。


また、耳の前には、副耳も存在している。


DSC04818.jpg


耳があるべき場所を、赤マジックで書いてみたところ。


いかに、耳たぶを、耳鼻科手術の時に、異常な場所に移動されているかがわかる。


DSC04819.jpg


術前のデザインが完成したところ。


以前の切開された瘢痕に沿った切開をデザインした。


とんでもない場所に、耳垂を移動されてしまっている事が良くわかる。


耳再建術は、困難となる。


DSC04820.jpg


3次元肋軟骨フレームを作成したところ。


DSC04821.jpg


切開直後の状態。穴のすぐ後ろを切開している。


DSC04822.jpg


耳穴の後ろからの皮弁を起こしたところ。


DSC04823.jpg


耳垂を表皮弁と裏皮弁に分割して、皮弁の面積を増大したところ。


DSC04824.jpg


上と下の皮弁を互い違いに入れ替えたところ。


DSC04825.jpg


耳垂を広げた皮弁の広さを示す。


DSC04826.jpg


3次元肋軟骨移植直後の状態。


耳が再建されて、副耳も切除した。



その1

このブログの写真は小耳症治療をご理解いただくために、参考資料として掲載させていただいています。
それぞれの症状によって、手術結果は異なりますのでご了承ください。

小耳症手術による合併症
一過性の顔面神経麻痺 浅側頭動・静脈の血行不良による植皮の生着不良 感染、移植軟骨の露出 気胸 術後肺炎
縫合不全 ハゲ 床ずれ その他
上記のような合併症が生じた場合は、症状に応じて対処致します。場合によっては再手術を行う可能性もあります。


その2

このブログの写真は耳介形成術をご理解いただくために、参考資料として掲載させていただいています。
それぞれの症状によって、手術結果は異なりますのでご了承ください。

耳介形成術による合併症
 感染、 縫合不全 その他
上記のような合併症が生じた場合は、症状に応じて対処致します。場合によっては再手術を行う可能性もあります。















管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
https://acrejuvenation.blog.fc2.com/tb.php/1465-463e6e3a