FC2ブログ

永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

小耳症の手術開始年齢は10歳を超えて、


胸囲が60cmを超えてから手術を開始する。


胸囲が60cmに到達していなければ11歳や12歳からとなる事もある。


 


10歳になると、耳の長さの成長が、ほぼ大人の長さに到達するからだ。


7歳では、大人の長さの70パーセントしかないために


その時期に無理をして手術を行うと、せっかく耳を作ったとしても、


皮膚の表面積が不足しており、成人大の耳を予測して作ったら輪郭が出ない。


また、肋軟骨のボリュームが不足しており、3次元肋軟骨フレームを全て作る事が困難である。


たった、3年後の10歳となると、左右差が出てきて作り直しとなることが多い。


 


これらの理由から、小耳症手術年齢は最低でも10歳からとなることが


世界のコンセンサスとなっている。


 


にもかかわらず、そんなことすら知らない経験の少ない医師により


7歳や8歳で手術を行われている施設が、いまだに存在している。


そんな施設に限って、不幸な結果となり、当院へ


作り直しを希望して来院される患者さんがいる。


要注意だ。


 


 


 













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
https://acrejuvenation.blog.fc2.com/tb.php/1474-6d5710b4