FC2ブログ

永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

1950年代~1960年代まで

日本は戦後の復興が続いていた。

1960年代から1970年代まで

日本は高度成長となった。


1970年代から1980年代は

日本が世界の経済大国になって自信を取り戻した。

アジアの飛びぬけた唯一の先進国と自信を持った時だった。


1987年バブル崩壊直前までは、

日本は、世界中の高価なものを買いまくっていた。

まさに飛ぶ鳥を落とすという勢いだった。

昨日より今日、そして明日へと、必ず発展がある時代だった。

このままのスピードで行けば、2000年以降は、

地球上の全ての国が発展して、

素晴らしい人類の未来が到来するかのように見えた。

銀行にお金を預けさえすれば、7パーセントの利子がつく時代だった。



その後バブルが崩壊し、

失われた10年ともいえる経済的進歩がない時代へと突入した。

それと平行して、国家的な借金が、雪だるま式に増加して行った。

金利は下がり、銀行にお金を預けても利子は、すずめの涙となり

お金の出し入れをするたびの手数料分が、

減っていくだけとなってしまった。



金融機関が復活するのに、

まさに10年以上もの歳月が必要だったのだ。

国民のせっかく働いた税金が、その復活のために消えていった。



復活した金融機関は、国民の血税が使われたという事を

念頭において、

本来ならばそれに10年分以上の利子をつけて国に返すべきなのだ。

アメリカのサブプライムローンの失敗で、バブル崩壊が、起きており、

それに反応してまた日本経済は、引きずり落とされようとしている。


日本の金融機関は、このローンにどれほど投資していたのかを

隠さず公表すべきだ。

ほとんど、投資していなかったかのように報道されているが

信用できない。

政治的決断で、はっきりと、させるべきだ。

国民の税金のおかげで、復活できた銀行なのだから。





















管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
https://acrejuvenation.blog.fc2.com/tb.php/1492-2a2ac5e6