FC2ブログ

永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

目を閉じて、


耳を澄ませば、


どこからか


聞こえて来る波の音。


吹きわたるそよ風が、


霧を消していく。


 


その中に


見えてくる


白い砂、


コバルトの海。


 


寄せては返す波間から


君は突然やって来た。


 


白き彫像。


稲妻の衝撃。


震える鼓動。


今にも君に響きそう。


 


キラキラと


容赦ない君の輝き、


何も見えなくなる。


 


網膜にプリントアウト、


君の残像。


 


失神しそうになるのを、


必死にこらえ


心の視線は離さない離れない。


 


ゆらめく髪の谷間から


リズムとともに


心刺す


君の眼差し。


 


もう、壊れてしまいそう!


 


憶えているだろうか


そんな私を!


 


憶えているだろうか


共鳴の日々を!


 


憶えているだろうか


あの歌を!


 


私は今も燃えている!


尽きることなく。


 


私の心の奥に


繰り返すメモリー。


DVDより鮮明に!


 


私は今も歌っている。


あの


亡き歌手の歌を!


君の残像とともに。


 


イル・チェールロ!


と・・・・・


思い出と共振


再び


 


 


 


 


 


 













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
https://acrejuvenation.blog.fc2.com/tb.php/1525-a237fcf3