FC2ブログ

永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

札幌の産婦人科会が


2次救急を4月から行えないと、


市役所に提出した。


 


市役所は、何をすることなく、ただ、継続してほしいといっている。


病院数が3分の2に減少していて


産婦人科が夜中の重症な患者をこれ以上受け取れない状態となっているのだ。


 


東京都などでは、産婦人科の獲得のために


特別金を用意した。


大阪の病院では


麻酔科の医師の獲得のために


特別金を出すといっている。


 


地方自治体といってもこれらは、日本の大都市での話である。


 


国は、まだこの状況が理解できていないようだ。


国民医療費削減で、医療崩壊が起きていることを。













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
https://acrejuvenation.blog.fc2.com/tb.php/1531-fcddff61