FC2ブログ

永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

唇裂の患者さんは、日本中で約3000人、毎年発生しています。


これだけの患者さんの数なら、地方の各大学病院で


年間100件の手術を行っているところが結構ありますから


言い換えると年間を通じて、毎週2件は手術を経験できている大学が


多いのですから、ある程度安心して手術を受けられます。


 


しかし、小耳症の発生数は日本中で毎年100件しかないのです。


当院では、昨年作り直しの患者さんを含めて136件の耳再建術を行いました。


ということは、各大学病院では、


年間に小耳症手術を毎週行っている大学は


ほとんどありえないことになります。


 


しかも、本物の小耳症手術は8時間もの手術時間を要する


困難な手術です。


1時間半もあれば終わるような簡単な唇裂手術とは難易度が違います。


 


なぜなら、組織欠損量が全く異なり


その形態の複雑さから当然、耳再建手術は


形成外科分野における頂点ともいえる困難な手術なのです。


 


大学で作られた耳の大部分が不幸な結果となって


当院へと、日本全国から作り直し手術を希望する患者さんが


殺到しているのはまさにここにあるのです。、


 


このブログに何回も何回も、


作り直し手術を手術中の写真と共に、


記載していることを見ていただければわかることです。


 













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
https://acrejuvenation.blog.fc2.com/tb.php/1543-ebae7546