FC2ブログ

永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

東京都が立てた新生東京銀行が

1000億円の赤字を出して問題となっている。

そもそも、石原知事が、

「一般銀行が相手にしない中小企業向けの貸し出しを目的」として作った銀行だ。

中小企業に活力を持たせるという目的があった。

この銀行の設立時に、東京都は、1000億円を出資していた。

出資分と同額の赤字であるから

今後銀行運営を行うためには、単純に考えても2000億円が必要となる。


現在は、とりあえず、銀行を続けるための

自己資本比率4パーセントを下回らないようにするために

400億円直ちに必要ということになっている。


中小企業目的ということで、普通の銀行が相手にもしないような

弱小企業にお金を貸したものの、つぶれた企業があまりにも多かった結果

このようになったのだろうか?

いずれにしても、官公庁が何かやると、このような結果となってしまうことが多い。



そんなことなら、医療福祉に1000億円をかけていればよかった。













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
https://acrejuvenation.blog.fc2.com/tb.php/1556-f558d7ea