FC2ブログ

永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

人は、すばらしい芸術に、心打たれ、涙する時がある。


最高の歌唱力で、心を込めて歌われる歌を聴いた時。

私にとっては、カルーソーを歌うルチアーノ・パバロッチや、

アダージョを歌うララ・ファビアンなどである。


最高の描写力で、最高の空想力を描き出した絵画の世界。

私にとっては、サルバドール・ダリの、ナルシスの変貌・内乱の予感・燃えるキリンなどである。


これらは、初めての遭遇時、心に衝撃を与えられた事を生涯忘れることができない。


小耳症における耳作りも、感動を与えるようにと

私の仕事を芸術にまで高めることが、

生涯の目標だ。


耳の再建術は、

科学と、数学と芸術が一致したその瞬間が,至高の瞬間なのだ。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
https://acrejuvenation.blog.fc2.com/tb.php/1575-e12c48c1