FC2ブログ

永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

今日のニュースで、今年産婦人科が閉鎖するところが

全国の病院で増加していると、放送していた。


厚生労働大臣が、大学病院に至急医者を派遣するように通達したとの事だ。

こんな通達のみで解決すると思ったら大間違いだ。


いまや研修医制度が国によって変えらたために

大学に医師が残らないようになっている。


また病院としても、赤字部門を閉鎖しないと病院がつぶれる危機となっている。

産科は、いつ生まれるかもわからない救急医療だ。

夜中の出産に立ち会う医師は、そのまま昼も働かなければならない。

ミスを犯せば、すぐ刑事事件となる。

採算の取れない費用で、誰が病院を続けると言うのだろうか?

産科に限らず、小児科も閉鎖されている。

救急病院も閉鎖されている。

この国は、どうなっているのだろうか?


道路建設にばかり金をかける日本は、

間違っている。


土建費用と医療費用を逆転させなければ、抜本改革は得られない。


何せ,GDP第2位の国、日本なのに

人口当たりの医師数は、30位以下なのだ。

医師不足なのだ。

老人が増加すると医療費は増加するのに

費用を減らしているから

きちんとした医療が経済的に不可能となっているのだ。

このままだと、国民の寿命は短くなるに違いない。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
https://acrejuvenation.blog.fc2.com/tb.php/1579-c047e728