fc2ブログ

小耳症(永田法)の軌跡と新たな出発

永田小耳症形成外科クリニックは、院長・永田悟医師の逝去にともない、令和4年1月に閉院いたしました。このブログと、永田法による小耳症手術は次世代に引き継がれ、現在も行われています。小耳症手術をご検討の方は、ぜひご覧ください。

今日もまた、小耳症の耳立て手術だった。

昨日から明日まで名古屋で、日本形成外科学会が開催されている。

今日は、その学会を抜け出して、日本人の形成外科医が小耳症手術の見学にこられた。


当院には海外からの形成外科医がよく手術見学に来るので、

手術室に今日も見学者が来ると看護士さんが「今日は、どこの国からですか?」

と私に聞いてくる。

「今日は日本から」。と言って、大爆笑だった。


園長先生は、今日の午前中に、肋軟骨の採取後に、学会出席のために

午後から名古屋へと旅立った。

園長先生が午後からいなくなったので本日のブログ用の手術写真は取れなかった。

私は、手術を続行。

明日の、11日もまた、小耳症の耳立て手術が予定されている。


今年も、私は秋に、アメリカ形成外科学会から、

3時間の小耳症のインストラクショナルコース

の講演を行うように依頼されているので、忙しく、今回も、日本形成外科学会はお休みだ。


手術後、夕方より横になったら気がつけば、夜中となっていた。

そこでようやくこのブログを書けた次第です。





















管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
https://acrejuvenation.blog.fc2.com/tb.php/1610-e14b79b0