FC2ブログ

永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

DSC05709.jpg
これは、耳垂残存型小耳症に対して耳再建術を
某大学病院の形成外科教授により6回もの手術を行われた結果である。

耳の中央部には、色の異なる皮膚が、移植されている。
耳の外側にも、色の違う皮膚が移植されて、禿になっている。
耳たぶの後ろ側に傷が見える
耳の場所も大きさも異常である。もみあげに近すぎる場所となっている。
耳の幅が広すぎる。
耳は立ってもいない。
輪郭が浅いので耳の穴がないことが一目でわかる。
前傾耳となっている。

This is a secondary auricular reconstruction for unfavorable primary auricular reconstruction for a lobule type microtia performed by a professor of a medical university. The patient has undergone 6 previous surgeries.
In the area of the conchal vault, mismatched color skin from skin grafting is visible.
There is also mismatched color skin grafted in the outer margin of the auricle.
There is the presence of a scar posterior to the lobule.
The size and location of the reconstructed auricle are not proper. The reconstructed auricle is to close to the normal location of the sideburn.
The width of the reconstructed auricle is too wide.
The reconstructed auricle is not projected.
One can clearly visualized that the conchal vault is shallow and the acoustic meatus is not constructed (missing).
The reconstructed auricle is anteriorly tilted.
DSC05710.jpg
本来あるべき耳の場所と大きさを赤マジックで書いて示している。
比較すると、大きすぎる前傾耳が作られてしまっていることがわかる。
この大学での症例は、いつも、この間違った耳を作られてしまう。
The proper anatomical location where the auricle is to be reconstructed is marked in red.
Note that the size and width of the reconstructed auricle are incorrect. The reconstructed aruicle is comparatively too large and anteriorly tilted.
The auricles reconstructed at this university tend to have the same mistake.

DSC05711.jpg
手術のデザインが完成したところ。
The actual design and outline of the first stage operation.

DSC05712.jpg
上が再建耳の中に移植されていた肋軟骨フレームを摘出したもの。
耳の形と大きさを全く理解していないフレームであることがわかる。
芸術的センスと能力もないフレームだ。

下が、新たに作成した永田法の3次元肋軟骨フレーム。
比較すれば一目で形態の科学的繊細さの違いが理解できる。
The excised framework of the primary auriclar reconstruction is shown on top.
It is obvious that one can note that the morphological features and the dimension of a normal auricle is not fabricated.
Artistic talent and knowledge is completely lacking.

Below the newly fabricated 3-dimensional costal cartiage framework with the Nagata method is shown.
One can note that there is a definite difference in the detailed morphological features fabricated.

DSC05714.jpg
耳の中央部分の色の異なった皮膚移植部は切除した。
Mismatched color skin is grafted to the central region of the reconstructed auricle in the conchal vault region.

DSC05713.jpg
耳たぶの裏側に残されている色の良い皮膚を、
生きたまま移動し使えるように、皮下茎皮弁とした。
The excellent color matched skin of the posterior aspect of the lobule is utilized as a subcutaneous pedicle.

DSC05715.jpg
その耳の裏側からの皮下茎皮弁を、耳の中央部にまで、移動したところ。
The subcutaneous pedicle is transposed anteriorly to the central portion of the auricle to be reconstructed.

DSC05717.jpg
3次元肋軟骨フレームを皮弁の下に移植したところ。
作り直す前と比較して、作り直しの困難な手術にもかかわらず
たった1回の手術で、耳の中央部の色も同じとなり。
耳の場所と大きさが正常となり、立体的に正しい形の耳が再建されている。
もみあげからの距離を比較すると良くわかる。
立体的な輪郭を持つ耳となったので
耳の穴があるかもしれないように再建されている。

半年後には、本当に耳を立てる手術および、
耳の外側の色の違った皮膚を切除し、同じ色の皮膚に張り替える予定だ。

すなわち、永田小耳症形成外科クリニックでは
、困難な作り直し手術さえも2回の手術で終了する。
The appearance immediately after insertion of the 3-dimensional costal cartilage framework into the skin pocket.
When comparatively evaluated, secondary auricular reconstruction is definitely more complicated but it is possible to be done and there is no mismatch in color of the skin cover.
The size, morphological features and anatomical location can be properly reconstructed.
The distance from the sideburn is definitely different prior to and after secondary reconstruction.
The reconstructed auricle reveals that the morphological features have been reconstructed and that it appears as if an acoustic meatus is present in the conchal vault region.
Auricular projection (second stage) is scheduled 6 months after surgery where the mismatched colos skin at the outer margin of the reconstructed auricle will be excised and replaced with excellent color mached skin from the scalp region.
Complicated and difficult secondary auricular reconstruction at Nagata Microtia and Reconstructive Plastic Surgery Clinic is possible with only 2 surgical stages.

その1

このブログの写真は小耳症治療をご理解いただくために、参考資料として掲載させていただいています。
それぞれの症状によって、手術結果は異なりますのでご了承ください。

小耳症手術による合併症
一過性の顔面神経麻痺 浅側頭動・静脈の血行不良による植皮の生着不良 感染、移植軟骨の露出 気胸 術後肺炎
縫合不全 ハゲ 床ずれ その他
上記のような合併症が生じた場合は、症状に応じて対処致します。場合によっては再手術を行う可能性もあります。


その2

このブログの写真は耳介形成術をご理解いただくために、参考資料として掲載させていただいています。
それぞれの症状によって、手術結果は異なりますのでご了承ください。

耳介形成術による合併症
 感染、 縫合不全 その他
上記のような合併症が生じた場合は、症状に応じて対処致します。場合によっては再手術を行う可能性もあります。















管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
https://acrejuvenation.blog.fc2.com/tb.php/1734-b4d1bdbf