FC2ブログ

永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

小耳症の耳の再建を行い続けて振り返ると

四半世紀をとっくに超えている。

長いようで短い期間。


まさに、開発改良の連続の日々だ。


従来法では出来なかった耳の細部まで再建できるようになればなるほど

手術時間は次第に長くなり、

その改良した手術法になってから後は、それなりに、手術時間が短縮してくる。

と思っていたら、又、別の観点からの改良を重ねることになり

更に手術時間が伸びていった。



正常な耳があくまでもお手本となる。

つまり正常な耳は、体表の中で最も複雑な形態をしているからだ。


そんな積み重ねを行って、現在に至っている。

四半世紀。


取り組みは、終わりなき戦い。














管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
https://acrejuvenation.blog.fc2.com/tb.php/1777-2b9b309f