FC2ブログ

永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

ガソリンの価格が8月から190円に迫る。

読売新聞によると、

原油価格と円相場がこのままであれば、

8月1日から、ガソリン卸価格を1リットルあたり7円値上げとなり

レギュラーガソリンが1リットル当たり190円近くに、

ハイオクガソリンが200円に迫る可能性が高いということである。


ガソリンの値上げにより、ついこの前、漁業が成り立たなくなり

漁民の全国一斉ストライキが起きたばかりなのに、まだ価格が暴騰すれば

輸送費がかさみ、物価高騰に直結する可能性が増している。


郊外型の大型のスーパーなどは、広大な駐車場を用意していたものの、

車を利用する人の減少により、

売り上げがダウンしているというニュースが流れて間もない。


車利用者が減少すれば

高速料金も減少して、国にとっての道路財源収入も減少することだろう。


おまけにアメリカ景気低迷が予想される中で

アメリカが日本から物を買えなくなり

主力輸出企業の売り上げダウンで、税収はますますダウン。

日本経済は、下半期このままでは暗い状況だ。


来年度の経済運営は、この大幅な税収の減少が予想されることになり

そのしわ寄せが、更に弱者対策へと及ぶ可能性大となった。

社会福祉、医療費の抑制が更に厳しくなるかもしれない。


このような税収下においては、消費税アップに頼らざるを得ない。

しかし、消費税アップにより、更に、景気減速となる可能性がでてくる。


来年度の政治の舵取りは非常に困難となる。


次期総選挙により、政権党をもし民主党が取ったとしても

この経済状況では、国民を納得させる方策がとても取れる状況ではないだろう。













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
https://acrejuvenation.blog.fc2.com/tb.php/1781-386c5468