FC2ブログ

永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

疲れすぎると余裕も出ない。

言葉の表現力の細かな事まで

気が行き届かなくなる。


こちらが、わかっていることを

説明されていると、

時間の無駄と感じる。


長々と相手が説明すればするほど、

こちらとしては、わかっているから、早く、その件は終了したくなる。


こちらが、「それは、もうわかっているから」と言えば相手もわかるのだが、

話の腰を折るのも、なんだしと、黙って聞くことになる。

相手は、こちらがまだ知らないと思っているので、懸命に

その意味をこちらに出来るだけ正確に伝えようとしている。

それで、ますます時間がかかる。


こちらとしては、疲れている時は、

わかってるから、くどく感じる。

それで、「もう、それはよし」と言って

こちらとしては、話を次のステップに早く進めたくなっている。

すると、相手にとってこちらの返事がぶっきらぼうと感じる。

そこに、行き違いが生じる。


たとえば、

相手も、疲れているだろうと気遣って

「そんなこと適当にすれば。」とだけ言うと、

言葉足らずだから

相手としては、せっかくきちんとやっているのに

と気分を害する。


やはり疲れは禁物だ。

疲れで言葉を はしょるから、コミュニケーションが、うまくいかなくなる。













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
https://acrejuvenation.blog.fc2.com/tb.php/1840-0c896e56