FC2ブログ

永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

今日は両側小耳症の男の子が退院した。22


はじめて私を受診したときは、聴力60デシベルなので、267


ヘッドバンド型補聴器を付けてしか日常会話が出来なかったが、321


私が第1回目に右耳を作り、


バージニア大学耳鼻科ジャスドーファ教


右の耳穴を開ける聞こえの機能改善手術を受けて帰国した時には、


補聴器なしで日常会話出来るようになっていた41


すなわち15デシベル以上聴力を獲得していたのだ。21


今回は反対側の耳立て手術を行っての退院となった。


次回の手術で両耳が完成する予定となった。


 


最近では両側小耳症の子供さんで私のクリニックを


受診される方は、このルートで行う方が増加してきた。19


やはり、実際に補聴器が無くて聞こえるようになれば


医者になる事の身体的な権利獲得できるのだ。363


この事は社会的にも医者になりたい本人にとって重大な事なのだ。267


 


 













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
https://acrejuvenation.blog.fc2.com/tb.php/196-7a328376