FC2ブログ

永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

IPRAS 2009

すなわち、

「The 15th World Congress Of 
The International Confederation For Plastic Reconstructive
And Aesthetic  Surgery」

日本語に訳すと、

「第15回国際形成外科、美容外科学会」が、

2009年11月29日から12月3日までの5日間、インド、ニューデリーで開催される。

前回の、この学会は、2年前の夏ドイツ、ベルリンで5日間行われた。



この、「国際形成外科、美容外科学会」の下の傘下の分科学会として、地域別に

「アジア太平洋形成外科、美容外科学会」とか

「ヨーロッパ形成外科、美容外科学会」などがある。


アジア太平洋形成外科、美容外科学会」は、

IPRAS APS 2009 と略して言う、すなわち

[The 10th Congress of the International Confederation for
 Prastic Reconstructive and Aesthetic Surgery
Asian Pacific Section]

である、が、2009年の10月8日から10日までの3日間、日本の東京で行われる。

前回のこの学会は、2年前の春インド、ムンバイで、4日間行われた。



問題は、インドで行われる国際学会と

東京で行われるアジア太平洋学会とが

日程的に1ヶ月ちょっとしか離れていないことである。


もちろん、インドでの学会の方が、意味的に重要視される学会だ。

当然、学者としては国際学会を優先するのだから、

日本で行われるアジア太平洋学会に、世界の学者を招待しても

なかなか来てくれない。


Scientific Program を見ると

その進行準備状況が、見えてくる。


確かに、あまりにも同じような時に、

同じ目的の学会を、頻繁に行いすぎている。

少なくとも、国際学会とダブらない年に、アジア太平洋学会を行うべきだ。


私としては、インドでの国際学会から

小耳症の1時間、マスターコース,Master course,の講演を依頼されているので

国際学会のほうへ出席する事になる。


















管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
https://acrejuvenation.blog.fc2.com/tb.php/2275-b7700b9d