fc2ブログ

小耳症(永田法)の軌跡と新たな出発

永田小耳症形成外科クリニックは、院長・永田悟医師の逝去にともない、令和4年1月に閉院いたしました。このブログと、永田法による小耳症手術は次世代に引き継がれ、現在も行われています。小耳症手術をご検討の方は、ぜひご覧ください。

本日は、今年明けて、初めての土曜日外来のために

小耳症患者さんばかりで、外来が込み合った。

1回目の術後経過観察のための患者さんや、

2回目の手術を終えて経過観察する患者さん

術前の成長をチエックする患者さんなどが集中し、

外来が込み合っていすに座りきれなくなった。


午前中に、小耳症手術後の退院患者さんが1名。

小耳症の新患患者さんが1名。


午後は、入院中の小耳症患者さんの包帯交換を行い。

外来に戻ってみると

またまた、小耳症の新患患者さんが1名待っておられた。


とにかく午前中も午後も、それぞれ、新患の患者さんの説明時間が

3時間近くに及んだので、それだけでトータル6時間以上を要した。


終了したら、夕方6時。


気がつくと、園長先生が、まだ残っていた。

私が外来や病室の仕事を行っている間に、手術室では、

園長先生は、「顔面の、しわ取り手術」と、「巨大乳輪縮小術」

を行って、ちょうど終了した所だった。

手術室についた看護士さんは,Tさんだった。


病室では婦長さんが、いた。


本日は皆が忙しく、ばたばたと各部署で働いた。



















管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
https://acrejuvenation.blog.fc2.com/tb.php/2364-6c7bead0