FC2ブログ

永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

国の中心である霞ヶ関の常識は、日本国民からすると非常識だと言われてきた。

同様に

「日本の常識は世界の非常識」と、言われてきた。


最初、私は、なかなかこの意味がわからなかった。

むしろ、日本国の中にいて生活するのだから、世界を知ることなど必要もないと思っていた。

だから、日本の何が非常識なのかも、わからなくて当然だった。


そのうち、小耳症治療法の新たな方法を開発し、

論文を世界へ出した後、

思いがけないほど、世界中からの大反響があり、

毎年毎年、複数の国の形成外科学会から招待講演を依頼されるようになった。

要望に答えて世界各国を教育することになってしまった。

イヤでも断れなくなってしまった。

それまでは、旅行の目的だけで、海外旅行など全くしたことも無かったのだ。


が、学問の進歩のために、学会活動を行うようになった。

その活動の一環で訪れた国は


フランス、イタリア、スペイン、オランダ、オーストリア、ドイツ、イギリス

カナダ、アメリカ、メキシコ、チュニジア、フィリッピン、オーストラリア、クエート、韓国、台湾など

それぞれ複数回訪れた国も多い。


ただ買い物をするだけの一時的な観光旅行と違って、

現地の、形成外科医や、小耳症の患者さん達との

濃厚なコミュニケーションを取っているために、

国による生活習慣、宗教、住環境などの常識が、全く異なっている事を

身にしみて感じさせられた。


その結果、「日本の常識は、世界の非常識」という事が

心の底から理解し、わかるようになった。

むしろ、日本の常識に埋没していることが間違いだったということが

随所にわかってきたことが多い。


皆さんも機会があれば

海外に積極的に出かけることをお勧めします。


日本は世界の中でほんの小さな国に過ぎなくて、

日本の常識が世界の非常識だということが必ず悟る時が来ます。

その時、初めて私が言っていることが、身にしみて、肌で理解できるようになるかもしれません。

井の中の蛙だったことに気がついて、はっと、するかもしれません。


今、私が言っていることが変だ、と仮に思ってもらっていてもかまいません。

でも、将来、海外に出てみて、身にしみて理解できるようになるかもしれません。

その時は、このブログが存在していた時には

なるほどと、コメントでもくださいね。














管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
https://acrejuvenation.blog.fc2.com/tb.php/2397-6aa0b280