FC2ブログ

永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

中川財務省大臣が,G7の記者会見で、ろれつが回らない状態となった。

記者会見の最中、目を閉じていたり、

急に目を開けてチグハグな回答をしたりと、

明らかに、おかしい。


あまりに過密なスケジュールの中で

時差は厳しく作用する。


私も経験がある。

アメリカでの学会で講演して、その2日後に、フィリッピンでの国際学会で講演となった

その講演中、時差ぼけのピークになり

発表中に、眠気が遅い倒れそうになった経験がある。


また、カナダで行われた小耳症国際学会のシンポジウムの開始時間に

直前まで起きる事が出来なかったこともある。


とにかくタイトなスケジュールでは、時差は、いやおう無く襲ってくる。

昔のように、船旅で1ヶ月もかけて欧米へ行っていた時代では、

時差など感じなかっただろうが、


8時間でヨーロッパに着く事が出来る現在では、

どうしても、時差が襲ってくる。


一般の海外旅行者ならば、起きた時に行動することが出来るのだが、

政治的な会合や、学会での講演などの場合においては、眠たくても

決められたスケジュール通りに、こなしていかなければならない。


タイトな日程であればあるほど、時差が厳しい眠気となって襲って来る。


実に気の毒な中川大臣だった。


と、同情していたら、

お酒を少々飲んで、風邪薬を大目に飲んだと、

本人が午後のニュースで述べていた。


原因が時差でなければ、全く本人の責任となる。
















管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
https://acrejuvenation.blog.fc2.com/tb.php/2458-9085335b