fc2ブログ

小耳症(永田法)の軌跡と新たな出発

永田小耳症形成外科クリニックは、院長・永田悟医師の逝去にともない、令和4年1月に閉院いたしました。このブログと、永田法による小耳症手術は次世代に引き継がれ、現在も行われています。小耳症手術をご検討の方は、ぜひご覧ください。

かつて私は2度、スペインのマドリードを訪れたことがある。


一度目は、1992年、国際形成外科学会で「小耳症の新たな手術法」を発表した時、

二度目は、ヨーロッパ形成外科学会の時だった。


確か、初めてマドリードを訪れた時は、

パリ経由だった。

当時のエアーフランスに乗り、9時間くらいもかかってパリの空港で乗り換えた。

日本では、夜中の1時なのに、マドリードではまだ夕方の4時くらいだった。

空港からホテルに着いた時、時差ぼけでボーっとしていたことを覚えている。


とにかくすぐ眠ってしまい翌日になってホテルのコーヒーを飲んだ。

その時流れていた曲は、スペインなのになんとカンツォーネばかりだった。

カンツォーネ好きの私には、とても心地よかった。

そして昼間なのに、昼寝に帰るスペイン人の習慣に驚いた。

その代わり夜は遅くまで生活をエンジョイする生活をしている。


とにかく、国際学会での発表は、大成功で拍手が鳴り止まなかったことを覚えている。


発表の前の日にマドリードから

「トレド」という町へ行く観光バスに乗った。

1時間以上かかったような気がする。


トレドの町に近づいた時

はっとした。

周囲をまるで、お堀のごとく深い川に囲まれている自然の巨大な城壁となっている。

高い大地の上に存在する天空の町が見えた。


町は歴史があり、道路のすみずみまで細かな石畳が敷き詰められ、

石造りの建物の窓には、とても美しい花が飾ってあった。

ずっと住み続けたいと思ったものだ。

スペインでの家の窓や、坂道が

私の出身地、長崎の南山手の風景にそっくりだったのだ。


そしてトレドの町の中央に存在する巨大な教会が

想像を絶する荘厳なものだった。


どこまでも高い石造りの何本もの柱で支えられた巨大な大教会の中は

信者でなくとも、心打たれる神聖さを正に感じる空間となっていた。


かつてのトレドの町の繁栄を示すものでもあった。

その独特の文化に

心打たれたのを覚えている。


「サルバドール・ダリ」そして「ピカソ」という世界的大天才芸術家を輩出し

「プラシド・ドミンゴ」「ホセ・カレーラス」という世界3代テノールのうち2人の天才を輩出し、

フラメンコという、情熱の踊りを生み出した

芸術性の薫り高い国、スペイン。


ヨーロッパと、アラブの文化が不思議に混合し

強烈な独自性を今も持っている国なのだ。


スペインの、顔の白い人形が、医局に、こちらを向いて飾ってある。

ピエロの涙がまるで光っているようだ。。














管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
https://acrejuvenation.blog.fc2.com/tb.php/2487-7a6f8915