fc2ブログ

小耳症(永田法)の軌跡と新たな出発

永田小耳症形成外科クリニックは、院長・永田悟医師の逝去にともない、令和4年1月に閉院いたしました。このブログと、永田法による小耳症手術は次世代に引き継がれ、現在も行われています。小耳症手術をご検討の方は、ぜひご覧ください。

本日の午前中は、小耳症患者さんが、2名無事退院となった。

最終診察後、第2回目の手術を予約されてお帰りになった。


その後、入院中の患者さん達の消毒や抜糸などで午前中いっぱいかかった。

永田小耳症形成外科クリニックでは、特に縫合糸の跡が出来ないように、

細かな糸で、数多くの縫合を行っている。

抜糸も精密作業となるので時間がかかる。


そうこうしている内に、明日、耳立て手術予定の小耳症患者さんが入院してこられた。


やっと医局に戻ったら

いくつか患者さんから電話での問い合わせがあった。


中には、電話でいきなり手術法の質問をされる患者さんがいるが、

診察もしていないのに、手術法を、いい加減に話すことは不可能だ。


術前のわずかな違いで、手術法は違ってくるからだ。


午後からは、来週手術予定の小耳症の術前検査予定の患者さんが来られる。














管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
https://acrejuvenation.blog.fc2.com/tb.php/2499-0a09ac7d