FC2ブログ

永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

外来に、7歳の子供の患者さんが来院。

下顎部を殴られて3週間経過したが、

皮膚の下に、「しこり」が出来たまま治らないという。

近所の整形外科に、かかったものの、

「10日もすれば治る」と言われたが

3週間たつのに、まだ直らないから心配と、お母さんが連れてこられた。


触ってみると、下額部に

なるほど直径約4センチほどの硬い球状のシコリが、はっきりと触れる。


殴られた時、皮膚の下にある血管が切れて、

皮下に血が貯留し、皮下血腫が出来る。


このような場合は、3週間もたつと、

たまった血液は、融けて液状化している時期なので

注射器ですぐに引き抜けるはずだ。


ただし、何せ、7歳の患者さんなので

「注射した時に、泣くことがあるか?」と尋ねたら

「赤ちゃんのときは泣いたが、今は泣かない」と言う。

それではと、注射して吸引しようと、注射器を出したとたん

突然泣いて、完全な抵抗をし始めた。

執拗な抵抗だった。


動かれると危ないので

「注射せずに帰っていいよ。そのまま腫れたまま治らなくてもいいでしょう?

はい、さようなら。そのまま帰っていいよ。」

と突き放したように言ったら、

泣きながらも「治したい。」と、本人が言う。


怖がりながらも、ベットに横たわってくれたので

一瞬にして注射針を刺し、約7ml の液状化した血腫を抜くことが出来た。

ほっぺたを触って見ると、もう、シコリはなくなっている。


本人は、唖然としながらも、まだ少し泣いていた。

母親は、触ってシコリがなくなっていることで、安心している。


泣きながらも、治したいと思っていた子供の心は

なんとも、かわいい。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
https://acrejuvenation.blog.fc2.com/tb.php/2563-82504eee