FC2ブログ

永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

DSC04435.jpg
2007年11月22日・術前。
DSC04436.jpg
耳があるべき場所を赤で示す。
DSC04437.jpg
デザイン
DSC04438.jpg
作成した3次元肋軟骨フレーム。
DSC04439.jpg
皮弁形成および皮下ポケット作成。
DSC04440.jpg
皮弁の状態を示す。
DSC04442.jpg
3次元肋軟骨フレームを移植したところ。

患者さんは、両側小耳症のために、この時点では、
日常会話を行うために補聴器を必要としていた。
その後、アメリカのバージニア大学耳鼻科で、聞こえるための手術を受けた。
その結果、補聴器無しで、日常会話が出来るようになった。すなわち、聞こえるようになった。
そして、2009年4月23日の耳立て手術日を迎えた。

P1000713.jpg
耳が完成し、耳穴も完成している。
補聴器無しで聞こえるようになっている。
P1000714.jpg
耳立て手術のデザイン。
P1000715.jpg
血管膜を起こしたところ。
耳を後ろから支えて立てるための肋軟骨ブロックを作成した。
あらかじめ頭から薄い皮膚を採取した。
P1000716.jpg
耳が立っている。
P1000718.jpg
耳が立っている。
P1000720.jpg
側面の状態を示す。
耳の腫れは、入院中に引く。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
https://acrejuvenation.blog.fc2.com/tb.php/2587-d905af5d