FC2ブログ

永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

永田小耳症形成外科クリニックも今日から連休後半。

昨日2名の女性の患者さんが退院され、なんと、女性はただ一人になってしまった。
昼間は面会のお母様方がおられても、それでも夜は圧倒的に男性ばかりだ。
キッズルームはまるで昼休みの男子校のようだ。
それも小学校。

最近は耳立て術の患者さんが多い。
つまり入院は2度目になる。
2回目の手術は、1回目が終わった退院のときに決めるので、
当然前回の顔ぶれと、同じになることが多い。
入院してきたと思ったら、もう混じってゲームをしている。

おかあさんがたも、お互い連絡を取り合っているらしく、
廊下や部屋のあちこちで、経過報告をされている。

なにせ1ヶ月一緒に暮らした仲なので、気心は知れていて、
それはいいのだが、
小学校の男子と言うものは、とにかく群れたがる。

何も言わないと、おなじ部屋で群れ、同じテーブルで群れ、同じベッドで群れたがる。
で、とにかく奇声を上げ、騒ぎ出す。

同室には、手術直後の患者さんも、大人の患者さんもおられるので、迷惑だ。
だから「他の部屋へは立ち入り禁止令」がでている。
しかしこれを無視するやからがいる。

妙に静かだ。
キッズルームにだれもいない。
2号室へいく。
だれもいない。
4号室へ行く。
だれもいない。
Mくんのベッドのカーテンが、ぴったり閉まっている。

カーテンをサッーと開けると、12この目が、一斉に私を見る。
目白押しってこの事ね。
壁際に一列に並んでゲーム機もって、床に座ってる。
どこにでも、もぐりこむやつ等だ。

2号室にいく。
なんだか混み合っている。4人部屋なのに、人数が、おおい。

キミキミ部屋が違うでしょ!キッズルームで遊びなさい。
その後ろで、ゆったり椅子に座って、漫画を読んでいるキミ、
君も部屋が違うでしょ。

「ばれたか・・」とすましているが、

最初からまるみえでしょ!

わたしの気分は幼稚園の先生だ。
放っておくとエスカレートして怪我をする。
せっかくの共同生活だ。
ルールを守って暮らす事を知るいい機会だ。
他の人の気持ちをおもいやり、 自分の権利を守るためにルールがある。

ちょっとは協力してくださいね。















管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
https://acrejuvenation.blog.fc2.com/tb.php/2598-717c31de