FC2ブログ

永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

永田法は、入院期間は約1ヶ月かかる。
それだけ、デリケートな手術と言うことだ。
遠くからおいでになる患者さんも多いので、
みなさん色々ご心配だ。

一番の心配は、「痛くないかしら?」
「一人で入院、だいじょうぶかしら?」
「勉強、遅れないかしら」エトセトラ・・・エトセトラ・・・

先日もあるお父さんから話しかけられた。
来週には帰るのですが、うちの子は一人で、大丈夫でしょうか・・・
何に気をつけたらよいのでしょう・・・

痛いときとか、辛いとき、私たちに教えてくだされば、それで十分ですよ。

いえ、それがなかなか言えない子です。

1ヶ月、ずっとクリニックへ通っておいでになる家族もあるけれど、
仕事があったり、他の家族がいたりして、付き添えず
一人ですごすお子さんもいる。
そのかたも、家にはもっと幼い方が二人いて、
お母さんは家を離れるわけには行かないので、
仕事を休んで付き添っておられるのだろう。

いえいえお父さん、子供は親が思っているようなものではありません。
10歳になれば、皆さんしっかりしていますよ。
ご心配なく、お帰りくださいと申し上げた。

今日もこっそり覗いてみたら、何処にも姿が見えないので、
アレレと思ったら、みんなのなかに溶け込んで遊んでた。

なんだ、心配する事なんかないじゃないと言ったら、
居合わせたあるお母さんも
大丈夫ですよとおっしゃっていた。

時に夜勤をするのだが、
消灯後に巡回して見ると、
薄暗いベッドで、猛烈に漢字ドリルをこなしたり、
日記をかいたりしている子たちがいて、
さっきまであんなに元気に遊びまわっていたのに、
何を今になって、早く寝なさいと叱るのだが、
子供たちのたくましさが感じられて、
思わずにやりとしてしまうのだ。

しかしここはクリニックか小学校か?

















管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
https://acrejuvenation.blog.fc2.com/tb.php/2612-379fca32