FC2ブログ

永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

院長はずっと医局がお家で、私は千葉の市川から毎日クリニックへ通ってくる。

えっ!たいへんですね、
事務長さんも一緒にクリニックに泊まったらいいじゃないですか、
と、時々言われる。
でも、一日中院長と事務長として夫婦で顔つき合わしていると、
なんだかなあ・・・それもたいへんでしょう。

で、私には台所が二つある。

自宅ではそれなりだが、医局の小さい電気コンロでは、
作る料理のレパートリーも限られてくる。

ある日、
一日中ばたばたとあわただしかった私は、まだ事務仕事が残っていたので、
「ねえ、まだおなか減ってないよね。」と院長に確認をした。
なんせ空腹だと理性を超えて凶暴になるのが院長なのだ。

その日は
「カレーが食べたい」と冷蔵庫を開けているので、
「じゃがいもあるよ。たまねぎあるよ。作って作って」と言うと、
なんだかその気になっているので、
「カレールーがないけどすぐ買ってくるから」と言って、
自転車こいで買ってきた。

早々となべでは野菜が煮えていたが、なぜだか煮汁の色が違うので、
「ねえ、何かいれたでしょう?何いれた?」と聞くと、
「教えてやらん。」
と言われた。

味噌か?だしか?・・・・・?

これが結構うまかった。

院長の買い物は無計画で、いつぞやはしいたけが一袋買ってあり、
しいたけだけどう料理して食べるんだろうと思っていたが、
それは味噌汁になっていた。

え?しいたけの味噌汁?

これが結構うまかった。
しいたけの味がする。

まねして家で作ってみた。
まずかった。
院長が作るとき、
きっと何か、いれたに違いない。
もしかして、自分のしっぽとか、刻んでいれたに違いない。
院長の隠し味だ。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
https://acrejuvenation.blog.fc2.com/tb.php/2787-036dae01