FC2ブログ

永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

宗教の一つであるシーア派とスンニ派の人々とは


自爆テロなどの手段を用いて互いを、いまだに殺しあっている。


どこまで殺しあえば気がすむのだろうか?


なぜなのだろうか?


殺さなければ解決できないのだろうか?


解決できないならば、それぞれが別れて住み


別の国として独立できないのだろうか?


それでも石油の利権争いで戦争となる運命なのだろうか?


殺しあう事では解決しない、


ということがわからないほど野蛮な人達の集合体なのだろうか?


だとすれば、全員死ぬまで殺しあうしかない。


そうすれば、周辺の国が、領土をめぐり奪い合いとなる。


それとも


サダムフセインのような強権政治でようやく平穏を保っていたとすれば、


その程度の人たちの集合した国だからその程度で良かったのだろうか?


アメリカは単に石油のためにイラクと戦争したわけではあるまい。


日本は何のために自衛隊を派遣したのだろうか?


もう一度深く考え直しておかないと


又目的のはっきりとしない同様な問題が


アジアでも起こりうる。


国はもっとアラビア諸国の情勢についてアラビ語がわかる人材を投入して


深く調査して分析し、問題点を把握しておかなければならない。


反省すべきは反省しておかないと将来間違った選択をしてしまう事になる。


 













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
https://acrejuvenation.blog.fc2.com/tb.php/293-407901bb