FC2ブログ

永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

早いもので、3月も半分過ぎ去った。

さすがに春らしい暖かい日となってきた。

冬篭りから抜け出すこの季節は、いつも希望がわいてくる。


が、100年に1度の不景気風は、いつまで吹くのだろうか?

今年の高校生や、大学生の就職率は、低いままで、明るい兆しが見えて来ない。


世界的な兆候なので

日本1カ国が、ジタバタしても、なかなか景気回復は見えてこない。

しかしこれを機に、日本が生き残れるためには

新たなシナリオを考えておかなければならない。


まず、今まで繰り返し、アメリカの仕掛ける金融システムに乗せられて

投資を行い、資金を吸い取られて続けてきた日本の金融機関は

2度と同じ過ちを繰り返さないようにしなければならない。


アメリカにお金を投資して巨額の損失を出すくらいならば

日本のベンチャー企業発足や、研究機関などへ、

もっと投資を行っておいたほうが賢明だった。


労働実体のないマネーゲームだけで、お金を増やそうとばかりしていること事態が

本質とは異なっているからだ。


今まで、毎回アメリカにだまされて来た事実を振り返ることが重要だ。

日本が投資し、アメリカで消えてしまった莫大な資金は、

アメリカの膨大な戦費となって消えている、としか考えられない。

湾岸戦争の時も、今回も、日本経済が衰退する時は

、アメリカの戦争の時期と同じ時期だった。


だから、最も重要な点は、

アメリカが戦争を仕掛けている時期に、

日本は、決してアメリカの仕掛ける金融投資へ手を出さない事だ。

















管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
https://acrejuvenation.blog.fc2.com/tb.php/3002-c63b809c